債務整理の種類とは?女性が利用しやすい手続き方法を教えます!

女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響
女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響

債務整理の4つの方法

債務整理4つの種類

債務整理の種類とは?

債務整理方法には4つの種類があります。
それは任意整理と特定調停、個人再生、自己破産です。
借金問題を効果的に解決するには、自分の状況に合った適切な手続きを選択する必要があります。
それぞれの債務整理の具体的な方法や特徴については、以下でご説明します。

①任意整理

任意整理とは、債権者と直接話し合いをして借金返済額を決め直し、借金返済方法について交渉して和解する手続きです。
裁判所を利用せず直接債権者と話し合うので、手続きが簡便で利用しやすいです。

返済においては、返済合意後の将来利息の支払いを完全にカット出来るので、借金の総返済額がかなり抑えられて、月々の借金返済がかなり楽になります。
また、手続き中に過払い金が発見されることもあり、その場合には過払い請求をすることも可能です。
ただし、借金額の大幅な減額は難しいというデメリットもあります。
パートや会社員である程度安定した収入がある女性向きです。

②特定調停

特定調停とは、裁判所において債権者との間で借金返済額や返済方法を話し合う手続きです。
任意整理の話し合いを裁判所の調停手続きを利用して行うようなイメージです。
ただし、特定調停では過払い金の請求は出来ないなど制約が多く、あまり利便性が高くない手続きといえます。

③個人再生

個人再生とは、裁判所を利用して借金返済額を大幅に減額してもらい、減額された借金を原則として3年間の間に分割弁済していく計画案を認可してもらうための手続きです。
たとえば借金が1500万円未満の場合には、借金返済額が5分の1または100万円のうち、多い方の金額にまで減額されます。
住宅ローン支払い中の場合でも、自宅を守って他の借金だけを減額することが可能な点がメリットです。
しかし、パート主婦や会社勤めの女性など安定した一定の収入がないと利用が難しいというデメリットもあります。

④自己破産とは

自己破産とは、裁判所を利用して借金返済義務を完全にゼロにしてもらう手続きです。どれだけ多額の借金があっても返済義務を免除してもらえます。
ただし、自己破産した場合には、破産者名義の財産は基本的にすべて失うことになってしまいます。
また、浪費やギャンブルによる借金については免責を受けにくいなどのデメリットもあります。

専業主婦が利用しやすいのは?

専業主婦におすすめの債務整理方法

債務整理には4つの種類があることがわかりました。
そして、ぜひ知っておいて欲しいのが、専業主婦が利用しやすい債務整理の方法です。

専業主婦の場合は、自分自身の収入がないので個人再生の利用は難しいケースが多くあります。収入がゼロだったり少なすぎる人には、裁判所が再生計画案の認可をしないからです。
任意整理であれば、ご主人の給料から返済することも自由なので、専業主婦でも利用が可能。
実際に専業主婦で任意整理している人はたくさんいます。

ただし、任意整理の場合には借金額が多すぎると整理し切れないことがあります。
その場合には、自己破産によって借金をゼロにしてもらう方法がおすすめです。
自己破産というととても大げさな感じがしますが、実際には専業主婦で自己破産の手続きを利用して借金問題を解決している人はたくさんいます。

記事執筆:元弁護士 福谷 陽子さん

関連記事