専業主婦でもカードローンで複数社から借りられる?

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

2社目など複数借りるために大切なこと

カードローンは複数の利用は誰でも複数社からの借り入れが認められているわけではなく、借りられる人もいれば借りられない人もいます。

 

金融会社はお金を貸して利息で儲けを得る会社ですから、確実に返済してくれる人を顧客にしたいのです。
収入は多いけど毎回返済期日を守らない人と、収入は多くないけど毎月必ず期日を守って返済してくれる人、金融会社が融資するなら後者でしょう。

 

カードローン会社は、きちんと返済してくれる人に融資したいと考えているのです。
しかし初対面である申し込み者が、きちんと返済できる信用できる人間なのかどうか正直なところ分かりません。
そこで上記で説明した信用情報が活用されるというわけです。

 

カードローンの取引は個人信用情報に記載される

カードローンの信用情報

 

カードローン会社は審査時に申込者の「個人信用情報」を必ず確認します。
カードローンやクレジットカードなどを利用すると、信用情報に逐一記録が残ります。
簡単に言ってしまえば信用情報とは、「金融機関との取引履歴」のことだと思っていただければ良いでしょう。

どのタイミングで、どんな情報が記録されるの

登録される情報は以下の通りです。

・申込時:申込先、個人情報(氏名、生年月日、電話番号など)、申込日、商品
・契約時:契約日、契約商品の内容、利用限度額、支払い回数
・返済時:返済日、返済予定日、借り入れ残高、完済日

 

信用情報に記録されるタイミングは主に申込時、契約時、返済時となります。
延滞や滞納、強制解約など返済に関して何か問題を起こした場合も、信用情報に記録されます。
この場合に記録される情報は金融事故や事故情報と言われ、審査に通る可能性はほぼありません。

 

いつどんな商品に申し込みしたのかの過去現在のローンの利用履歴や、契約締結したか否決になったか等ありとあらゆることが分かる仕組みとなっています。

 

個人信用情報は信用情報機関にて管理保持しています。
カードローンを運営する貸金業者等は、個人信用情報機関に加盟しなければいけず、信用情報機関の保有する信用情報を使用しないといけない決まりになっています。

 

そして信用情報機関に登録されている信用情報を見て、「この人は問題なく返済できる人か?」の判断をします。
その結果で、融資が可能なのかどうか、融資額はいくらなのかを決めているのです。
融資の判断は信用情報だけで行われるわけではありませんが、決定事項の大半は信用情報が占めていると言われています。
それぐらい融資審査で重要となる情報なのです。

申込時に嘘の申告をする人もいる

申込時に少しでも自分を良く見せたいという思いから、嘘の申告をする人もいます。
申込時に申告した情報を信じて融資判断を下してしまうと、金融業者が損する可能性があるからです。

 

借り入れ審査に有利になる内容をある程度把握していれば、嘘であっても有利になる内容で申告してしまうでしょう。
実際に嘘の申告で審査通過しようとする人もいらっしゃいますが、嘘はバレますのでやらないことです。

 

キャッシング会社は申込時に申告された情報は参考程度にしか利用しません。
より信憑性の高い情報を保持している信用情報機関を通じて、情報の照会を行い融資判断を下しています。
申込書の内容は疑われていると言っても間違いではないということです。

 

返済に関する情報を見れば、申し込み者が予定通りに返済できているかどうかが分かるのです。
毎回予定通りに返済できていれば「この人ならお金を貸してもきちんと返してくれそう」と思われますし、逆に予定通りに返済できていなければ「この人にお金を貸してしまうとウチにも遅れ気味に返済されそう」と評価されてしまいます。

返済が順調でも2社目が借りられるとは限らない

既存の借り入れがあったとしても返済がキチンと出来ているので2社目3社目の借り入れも出来る可能性が高いです。
しかしそうでない場合、信用出来ないと評価され2社目3社目の借り入れは難しくなるといえます。

 

ただし2社目3社目の借り入れでは、既存の借り入れがきちんと返済できていれば必ず審査に通るというわけではありません。
きちんと返済ができていても、これ以上借り入れしてしまうと返済が遅れたり、返済不能になるかもしれないとカードローン会社が判断することもあります。

 

リスクが高い人に貸し付けはしたくありませんから、審査でこのように判断されてしまうと審査落ちする可能性もあるという事は覚えておきましょう。

 

返済能力に対して無理なく返済できているかどうかが重要ということです。
例えば年収1000万円の人が毎月10万円返済するのと、年収300万円の人が毎月10万円返済するのとでは、それぞれの収入に対する返済負担は全然違います。

 

前者は返済に余裕がありますが、後者はかなりきつい状態と言え、これ以上借り入れを増やしてしまえば返済は更にきつくなり返済不能をいつ起こしてもおかしくありません。

 

このように他社借り入れがある状態で新たに借り入れするためには、きちんと返済できていることと返済に無理がないことが大切です。

件数が気になる場合はお試し診断で確認

他社借り入れがあるから審査に通るか不安という方は多いです。
どんなに返済をきちんと行っていても、返済に無理がなくても審査に通るかどうかは実際に申し込んでみないと分かりません。

 

審査がどうしても不安という方は「お試し診断」で確認してみると良いでしょう。
お試し診断は金融機関の公式ホームページにて簡単に行なえます。

 

機械による診断ですから直ぐに結果が出ますし、早ければ3秒程度で分かるものもあります。
氏名や住所など個人情報の入力はなく匿名で気軽に診断してもらえます。
しかも入力項目は3~5項目程度と少ない上に信用情報に記録されません。

 

但し、お試し診断は簡易審査ですから、診断結果は本審査の結果を保証するものではありません。
お試し診断では融資可能でも本審査で審査落ちすることもありますので、あくまでも参考程度に利用してください。

カードローンの新規借入よりも増額という手も

カードローンの増額

 

借入件数を増やすのではなく、既存のカードローンの借入限度額を増額させるという方法もあります。
場合によっては増額するほうが、追加の借り入れ出来る可能性が高いです。

 

専業主婦の増額 カードローン会社名
増額不可 東京スター銀行 スターカードローン
楽天銀行スーパーローン
セブン銀行カードローン
イオン銀行カードローンBIG
ジャパネット銀行ネットキャッシング
50万円まで可 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
審査による 新生銀行カードローン レイク
三井住友銀行カードローン
横浜銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
スルガ銀行カードローン
千葉銀行カードローン

 

利用開始から一定期間、利用実績を積むとカードローン会社から増額案内のお知らせが来ることがあります。
この場合、ある程度の審査は終わっている状態ですから、増額申請すれば限度額が増える可能性が高いです。

 

例えば同じ50万円を増額で借りる場合と、2社でそれぞれ25万円ずつ借りる場合では増額の方がメリットがあります。
1社からの借入であればその分金利負担を抑えることが出来ますし、返済日も一つですから管理しやすいのです。

 

逆にデメリットは審査が厳しくなかなか簡単ではないということです。
一度でも返済が滞ったり遅れたりすれば増額するのは難しいです。

カードローン同時申込

審査落ちの事も考え、複数社に同時申し込みされる方もいるでしょう。 審査に落ちてから申込むのでは手間と時間がかかるため、同時に申し込みたくなる気持ちも分からなくないです。

 

しかしカードローンの同時申し込みは審査に影響する可能性大ですので、基本的にはやらないことをオススメします。 複数同時申し込みすることを申込ブラックと言い、審査はかなり不利になります。

 

同時に申込みできないカードローン件数

同時申し込みは絶対に駄目というわけではありません。
中には同時申し込みでも審査に通過する人もいます。
だからと言って、一度に何十社も申し込みすればその内1,2社程度は審査に通るというわけでも無いのです。

 

何事もやり過ぎは良くありません。
一般的には同時申し込みの上限は4社程度までにとどめておくのが良いと言われています。
5社以上になると全て審査落ちする可能性が高いです。

 

同時申込件数は関係ないとするカードローン会社もあります。
ですが先にも説明した通り同時申し込みというのはしない方が良いです。

 

カードローン申込みをすると信用情報に記録されます。
そして同日にいくつも申し込みすれば同時に登録されます。
この記録を見た審査担当者は「この人にお金を貸しても大丈夫だろうか?」と疑われ、結果審査落ちする可能性が高いです。

 

カードローンの同時申込

 

その理由は、他社で断られたのではないか?切羽詰まっていて貸し倒れのリスクが高い、総量規制オーバーの可能性があると言ったものです。
申込情報は審査に落ちても記録として残ります。
契約できれば契約情報が記録されますが、審査落ちした場合、審査落ちしたという記録はされません。
しかし申込数に対し契約数が足りなければ審査に落ちたということは分かってしまうのです。

 

このように同時申し込みは審査落ちする可能性が高いですから、同時に何社も申し込みしないことです。

複数になってしまったカードローン、おまとめできる方法とは

カードローンは複数利用が可能ですが、借入先や借入額が増えるほど返済負担が大きくなりますので注意しなければいけません。

 

既に複数社から借りている方、これから借り入れしようとしている方どちらにも知っていただきたいのが「おまとめローン」です。
おまとめローンは複数返済が苦しくなった時の救済策として有効ですので、紹介します。

 

おまとめローン

おまとめローンとは、複数の債務を一つにまとめる事を言います。
これにより、金利負担の軽減と返済の管理がしやすくなるというメリットを得ることが出来ます。

 

一つの金融機関から融資を受けて、既存の借り入れである複数会社へ全額返済すれば、返済義務はおまとめローンで借り入れた1件だけとなります。
低金利で借り入れできれば利息負担が減り、総支払額を減らすことが出来ます。

 

おまとめローンは、利息負担を軽減し尚且つ返済の管理がしやすくなる等、一見するとメリットだらけです。
しかしおまとめローンは審査が厳しい、追加融資が出来ないというデメリットもあります。

 

特にデメリットとして大きいのが、審査が厳しくなることです。
おまとめローンは低金利でなければ意味がありません。
金利が低くなれば当然審査はその分厳しくなります。
尚且つ、融資額も大きくなりますから余計に審査に通るのは困難といえるのです。
ましてや収入のない専業主婦となると、おまとめローンの審査に通る可能性はかなり低いといえます。

 

専業主婦がカードローンをまとめたい場合の対処法

専業主婦はおまとめローンに申込めない

 

おまとめローンは消費者金融と銀行どちらでも扱っています。
但し、消費者金融の場合は申し込み者本人に収入が必要となります。
ですから専業主婦が消費者金融でおまとめローンを利用することは出来ません。

 

銀行の場合は総量規制対象外となりますので、本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば融資可能とされています。
但し、最終的に専業主婦にも貸付するかどうかは各銀行で決めています。
加えて、おまとめローンに限っては本人に収入がある場合に限っているところも多いです。

 

現実的に考えて専業主婦がおまとめローン商品で借りるのは難しいです。
ですが、銀行からの借り入れ自体は可能ですから、一般のカードローンで低金利のものでまとめる方法があります。

 

もう1つの方法とは、配偶者名義で低金利のカードローンに申し込んでもらいまとめるというものです。
専業主婦でも借りられるとは言え、どこも上限金額はかなり低めに設定しています。
ですから必要な金額を借りられない可能性が高いですから、夫に頼んで高額融資を受けてもらい返済に充てるのです。

 

但し、この方法ですと夫に借金を背負わせてしまうという事、自分が借金していることがバレるというデメリットがあります。
この点をしっかりと考慮した上で夫に頼むと良いでしょう。

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事