syufeel > トレンドニュース > 体を温める食べ物で「温活」を始めよう!季節の温活食材を厳選

体を温める食べ物で「温活」を始めよう!季節の温活食材を厳選

体を温める食べ物

寒い冬には、暖房や厚着などで体の外側から暖めたり、温かい料理を食べて体の内側から温めたりするものです。
しかし、スープやお鍋などの温かい料理でも、体を冷やす食材ばかりを使っているものでは温かさが持続しない可能性も。

スポンサーリンク

温かさを持続させるためには、体を温める食べ物を取り入れて、身体の内側からホットになる「温活」を始めましょう。
温活は冬に限らず、日頃から行うことで冷え性対策にも効果が期待できます。

「体を温める食べ物」の考え方

食べ物の陰陽
「体を内側から温め、冷えを防ぎ病気を予防する。そのために体を温める食べ物を食べましょう。」という考え方は東洋医学によるものです。
東洋医学では食べ物を3つの性質に分類し、体を温める食べ物を陽性食品(主に生姜などの根菜類や肉類)、体を冷やす食べ物を陰性食品(主にキュウリ・トマトなどの夏野菜)、どちらにも属さないものを間性食品(主に玄米などの穀類)としています。

陰性に分けられている食品にも、体にとって大切な栄養素が含まれていて、加熱調理をすることによって陽性食品に変わるものもあります。
冷え性対策に陰性食品を全て除外してしまうのではなく、体を温める香辛料や調味料、香味野菜と組み合わせるなどしてバランスの良い食生活を心掛けましょう。

温活で内臓を暖めよう!

基礎代謝アップ

冷え性の原因のひとつに、体の中で熱をうまく作れないということがあります。そして、作った熱を全身に届けられないということも。
体の中で熱を作り、体を内側から温められるようにすることが温活です。

温活により体を内側から暖めるということは、内臓の働きを活発にして熱を作り出すということ。
作られた熱は全身に届けられ、冷え性改善が期待できたり、基礎代謝が上がることでダイエット効果が期待できたりします。
体を温める食べ物を上手く取り入れて、内臓を暖める温活をしましょう。

内臓の冷えを改善する食べ物

内臓の冷えは、消化不良や血行不良、免疫力の低下、冷え性、便秘など、さまざまな体調不良の原因となることも。
冷えた体内のような低い温度の環境では、免疫細胞や善玉菌の働きが悪くなってしまいます。
温かい料理や体を温める食べ物を取り入れるように心掛けて、内臓が冷えるのを防ぎましょう。

温かい食べ物を食べると、まずは食べ物が通る胃や腸の消化器系の内臓が温まります。
しかし、通り過ぎれば徐々に温かさは冷めてしまいます。
そこで単純に温かいだけでなく、体を温める効果のある食べ物を取り入れることで、内臓が暖まった状態を持続させることができるのです。

また、温まった状態を持続させるためには、肉類などタンパク質を多く含むものを食べることが大切です。
特におすすめなのは、高タンパク低カロリーの鶏肉のささみや、まぐろの赤身。
タンパク質は、全身に温かく新鮮な血液を巡らせるための大切な役割を果たす「筋肉」を作るのに欠かせない栄養素なので、積極的に取り入れましょう。

どれだけ内臓を温める食事を心がけていたとしても、冷たい飲み物やアイスで冷やしてしまっては逆効果。
飲み物は温かいものを飲むようにしましょう。

温活の代表食材「生姜」の効果

ジンジャーティー

薬味や臭み消しとしても活躍する生姜は、体を温める効果が高い食材。
生姜には、主に血流を良くし体を温める成分(ショウガオール)と、免疫力や殺菌力を高める成分(ジンゲロール)が含まれています。
血流が良くなる成分の効果で、体の隅々まで温かい血液が流れ、手先や足先の冷えも改善されます。
さらに、免疫力をアップさせる成分により、風邪予防の効果も期待できます。

おすすめの食べ方

生姜は生で食べるより加熱した方がより効果的。
加熱することで、ジンゲロールの一部がショウガオールに変化して、体を温める効果がアップします。
免疫力アップの効果が高いジンゲロールを多く得たい場合には、生で食べる方がおすすめです。

生姜紅茶を飲もう

体を温める飲み物である紅茶に生姜をプラスすることで、さらに効果がアップします。
作り方は、熱い紅茶にすりおろした生姜をスプーン1杯(お好みの量で)入れるだけ。
甘味が欲しい場合は、白砂糖では体を冷やしてしまうので、黒砂糖や蜂蜜を加えるのがおすすめです。
紅茶には利尿作用や覚醒作用のあるカフェインが含まれているので、夜に飲むのは控えましょう。

保存方法

生姜は冷凍保存ができます。
スライスしたり、すりおろしたりと、用途に合わせて下準備をしてから小分けしてラップに包んで冷凍庫で保存しましょう。

体を温める野菜・果物の見分け方


野菜や果物の中で体を温めるものは、主に「旬が冬のもの」「寒い地方でとれるもの」「土の中のもの」「色が黒いもの」などです。
例外もありますが、見分け方の大まかな目安にしてみてください。

野菜や果物の「旬」は、ハウスで栽培できるものが増えたことや保存する技術が発展したこと、海外から輸入されるようになったことで一年を通して食べられるものが多くなり、本来の時期がわかりにくくなっています。
旬の野菜や果物には、体にとってその季節に必要な栄養素がたくさん含まれています。
味や香りも濃いので、調味料の塩分や糖分を減らすことができるという効果も。

また、市場に大量に出回るため鮮度が良く価格が安くなるのも主婦にとってはうれしいところ。
旬が冬のもの以外にも、四季折々に存在する体を温める旬食材を分類したので、季節に応じた温活の参考にしてください。
日頃から旬の食材をメニューに取り入れて、バランスの良い食事を取ることを意識しましょう。

春の特徴

春は、寒い冬から暑い夏へと気候が移っていく「季節の変わり目」。
身体のバランスが乱れやすく体調を崩しやすい時期でもあるので、必要な栄養素が豊富に含まれた食品を摂取して、身体を整えましょう。
植物は春になると、活動を始めるために必要なタンパク質やビタミン、ミネラル類をたくさん蓄えて芽吹きます。
野山に芽吹く木の芽や山菜、花芽には、豊富な栄養素が含まれているため、人間の細胞を活性化させてくれます。
春は旬の木の芽や山菜を食べ、体を温めて体調を整えましょう。

春が旬の体を温める野菜・果物
 たらの芽、ふきのとう、菜の花、せり、うど、にんにく、にら、小松菜、オレンジ

夏の特徴

夏野菜には、身体の熱を冷やす働きをするものが多いですが、ハーブ類の香味野菜や辛味野菜には体を温める働きがあります。
暑い夏場の料理には辛味を効かせたり、香味野菜を薬味に利用したりして体を温めましょう。
冷房病とも呼ばれる夏の冷え性対策にも効果が期待できます。

夏が旬の体を温める野菜・果物
グリーンアスパラガス、ニンジン、しその葉、みょうが、しし唐辛子、ハーブ類(ミント・タイムなど)、サクランボ、モモ、ブドウ

スポンサーリンク

秋の特徴

夏の暑さが落ち着きますが、身体は暑さで疲れ切っています。
気温が下がると共に体温の低下が心配になる秋ですが、栄養豊富で代謝を上げ、体を温めてくれる野菜や果物がたくさん旬を迎えます。
秋は寒くなる冬に備えて、栄養を蓄えて体温を上げるべき季節。
いも類などの根菜類・豆類・キノコ類など、秋に収穫される食べ物を取り入れて夏の疲れを癒し、冬に備えて体力を回復させましょう。

秋が旬の体を温める野菜・果物
いも類(さつま芋・里芋など)、きのこ類(しめじ・舞茸・椎茸など)、豆類(小豆など)、生姜・かぶ、ブドウ、クリ、イチジク、リンゴ

冬の特徴

冬が旬の野菜は、根菜類など体を温めるものが多くあります。
夏の葉野菜は体を冷やすものが多いのですが、冬が旬の葉野菜には体を温める効果があり栄養も豊富。
寒い冬は旬の野菜をたくさん使って、体の中から温まる食事を心掛けましょう。

冬が旬の体を温める野菜・果物
根菜類(ごぼう・蓮根など)、ほうれん草、春菊、ねぎ、黒豆、ブロッコリー、リンゴ、みかん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 子供乗せ自転車 安全性
    子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

    子供乗せ自転車を危険な乗り物にしないため、安全性の高い乗り方や自転車選びのポイントを伝授。 ママならしっておくべき子供乗せ自転車の交通ルールもしっかりチェック! さらに、安全基準をクリアしている自転車の見分け方や人気のメーカーも紹介します。

  • ランドセル 人気
    【ランドセルの人気傾向】選び方や比較ポイントを徹底チェック!

    多種多彩なランドセルが販売される中でどんな色やデザイン、ブランド、素材が人気なのかを解説! ランドセル選びの基本や比較したい内容、失敗しないためのチェックポイントまでを紹介します。 購入時期の目安情報を参考に、早速ランドセル選びを始めましょう!

  • グランピング 子連れ
    【子連れグランピング】今話題のキャンプに家族と一緒に行こう!

    近年施設が続々オープンしている話題の「グランピング」の子連れ向け情報を紹介!注目のおすすめスポットだけでなく要チェックの予約情報や注意点、お手軽なグランピングの情報までお届けします。おしゃれで快適・安全なキャンプで家族旅行を満喫しませんか?

  • 忙しい主婦の味方!宅配クリーニングの活用で時間と手間を節約

    ネットや電話で申し込むだけで、自宅に居ながら本格クリーニングを利用できる【宅配クリーニング】。 近所にクリーニング店がない方や、家族の衣類をまとめて出したい時などにも大活躍! 知らなきゃ損する便利なサービスの利用方法や活用術を紹介します。

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理