syufeel > トレンドニュース一覧 > 口内フローラを改善!歯周病・虫歯が招く重病を予防する方法

口内フローラを改善!歯周病・虫歯が招く重病を予防する方法

口内フローラの役割

口内フローラとは

口の中には、腸内と同じように、多くの細菌が存在しています。
この細菌の集まりを細菌叢(そう)といい、色とりどりの菌がフローラ(花畑)のように見えることから「口内フローラ」と呼ばれています。

口の中の細菌叢や、腸内細菌叢を調べるための最新の解析方法「メタゲノム解析」の登場により、今まで検出できなかった細菌も調べられるようになりました。
そのため、口内フローラが、全身の健康に関係していることが明らかになってきたのです。

スポンサーリンク

健全な口内フローラの状態

健全な口内フローラの状態とは、善玉菌優位の状態にあること。
腸内細菌には、悪玉菌の存在も必要ですが、口腔内での悪玉菌の存在は、虫歯や歯周病、口臭を引き起こす原因となってしまいます。
さらに、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞など、重病の原因となることも考えられます。
口腔内環境を、善玉菌優位の環境に維持することが、健康な体を維持するためには、とても大切なことなのです。

口内へのウイルス侵入の防ぎ方

食事や呼吸など、体内に必要な栄養素を取り込むための、最初の入り口となるのが「口」です。
体の入り口となる口で、ウイルスや病原菌が体内へ侵入するのを防ぐ役割をしているのが、口内フローラなのです。
口内フローラを健全に保つためには、口腔ケアが不可欠。
口腔ケアを行うことが、全身のケアにもつながります。

口内フローラのバランスの改善方法

唾液の分泌を促す

唾液の分泌を促す

唾液には、抗菌成分が含まれているため、悪玉菌の増殖を抑制し、口内フローラのバランスを整える働きがあります。
また、食事で酸性に傾いた口腔内を中性に戻し、歯を再石灰化する働きもあります。

口内フローラのバランスを改善させるには、唾液の分泌を促すツボをマッサージしましょう。
アゴの両脇にある顎下腺(がっかせん)というツボを、指で押し刺激すると、唾液の分泌が活発になります。
食事の際は、良く噛むことで唾液の分泌が増えるので、意識して良く噛んで食べましょう。

食後には歯磨きと舌磨き

歯磨きは、歯の表面の汚れを落とすだけではなく、歯と歯茎の間の歯周ポケットや、歯と歯の間の汚れもしっかり落とすことが大切です。
歯間ブラシやデンタルフロスを使って丁寧に汚れを落としましょう。

食後の口腔内は、酸性に傾き、歯はとても傷つきやすい状態。
食後にすぐ歯磨きをするよりも、少し時間をおいて、唾液により中和されてから歯磨きをする方が、歯を傷つけません。

また、悪玉菌は、舌にも付着して増殖します。舌の上に見える白っぽいものは、実は歯垢と同じ。
バイオフィルムに覆われて、うがいだけでは取り除くことはできません。
歯磨きと舌磨き

バイオフィルムは、悪玉菌と糖質が結び着いてできた歯垢が、膜のように歯や舌の表面に付着したもの。
バイオフィルムに覆われてしまうと、唾液も善玉菌も膜の中に入れず、機能できない状態になってしまいます。
さらに、虫歯の原因となるミュータンス菌は、バイオフィルムの内側で、歯のエナメル質をどんどん溶かしていきます。
その結果バイオフィルムに守られた内側では、悪玉菌が増殖し、歯周病や虫歯が進行しやすい環境が作られてしまうのです。
舌にできたバイオフィルムは、口臭の原因になることもあるので、歯ブラシや、舌専用のブラシを使ってブラッシングをし、丁寧に舌磨きをしましょう。

特に、寝る前の歯磨きは重要です。寝ている間は、唾液の分泌が減少し、細菌が増殖しやすい口内環境になります。
寝る前に、歯周病や虫歯の元となる原因菌や、悪玉菌のエサとなる汚れを、きちんと除去しておくことが大切です。

ココアや紅茶・緑茶を飲む

ココアに多く含まれているポリフェノールは、歯周病菌や虫歯菌を殺菌し、善玉菌優位の口内フローラに整える働きがあります。
ただし、砂糖・ミルク入りのココアはNGなので、注意してください。

また、紅茶や緑茶にも、同じような効果があるので、口内フローラの改善に役立ちます。

糖質制限食にする

炭水化物や砂糖など、血糖値が上がりやすい食べ物は、唾液によりブドウ糖に分解され、悪玉菌のエサとなってしまいます。
エサが豊富にあると悪玉菌は増殖を続け、口内フローラのバランスが崩れる原因に。
さらに、エサを分解する際に酸を発生させ、この酸が歯を溶かしてしまうのです。
血糖値が上がりにくい糖質制限食は、悪玉菌の増殖を防ぐことができ、口内フローラのバランスを整えるために適した食事です。

唾液の分泌を妨げるNG行為

NG行為

過度の睡眠不足

過度の睡眠不足は、自律神経を乱す原因となり、唾液の分泌が悪くなります。
自律神経が乱れて、交感神経が優位になる状態は、常に緊張している状態。
これはストレスを受けている状態で、唾液の分泌はさらに悪くなってしまいます。

口呼吸

口呼吸は、口腔内を乾燥させ、唾液の分泌を妨げ、細菌の増殖に適した環境を作ってしまいます。
日頃から、口は閉じ、鼻呼吸を心掛けるようにしましょう。

鼻呼吸と口腔ケアでウイルス撃退

口腔ケア
鼻から喉にかけての部分には、膜に覆われた粘膜があります。
インフルエンザウイルスをはじめ、病原性ウイルスは、膜に阻害され体内に侵入しにくいので、鼻呼吸を心掛けるという感染予防法は、とても効果的です。

しかし、口腔内には、この膜を破壊し、ウイルスの侵入を助ける細菌や、気道に侵入し、肺炎を引き起こす細菌などが生息しています。
日頃から、丁寧な歯磨きや舌磨きで口腔ケアを行い、これらの細菌を除去し、口内フローラを善玉菌優位に整えておきましょう。
善玉菌の殺菌作用で、口から入ったウイルスや細菌を撃退することができます。

口から入ったウイルスは、乾燥した部分に付着しようとします。
口腔内の粘膜が唾液で潤っていると、ウイルスにとっては付着・増殖しにくい環境となります。
また、唾液には殺菌作用もあるので、ウイルスを殺菌する力もあります。

重病を招く歯周病の危険性

sisyubyou_s068_05

歯周病とは

口内フローラが乱れ、悪玉菌が増殖すると、歯周病や虫歯は進行してしまいます。
歯周病は、歯槽膿漏(しそうのうろう)とも言われ、歯周病菌に感染することにより、歯茎が赤く腫れてしまう炎症性の疾患。
慢性炎症の部分からは悪臭が放たれるので、口臭の原因になることも考えられます。
進行すると、歯を支える土台の部分が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまう危険性があります。
初期は痛みを感じない場合が多く、気付かないうちに歯や歯周組織を溶かしていくので、別名「サイレントキラー」とも呼ばれているほど。

スポンサーリンク

歯周病や虫歯が重病を招く理由

歯周病菌や虫歯菌は、口腔内のわずかな傷や、虫歯で溶けた穴などから血管に侵入し、血液と共に全身を巡り、血管内に炎症を起こします。
炎症を抑えるために、悪玉コレステロールが炎症部分を覆うように固めてコブとなり、血管内は狭く硬くなるため、動脈硬化となります。
心臓の血管で動脈硬化が起こると心筋梗塞の原因となり、脳の血管で起こると脳梗塞の原因となる可能性もあるので、動脈硬化は大変危険な病気。
このように、口腔内の傷から、歯周病菌や虫歯菌が血管内に侵入し、起こす炎症を「歯原性菌血症」と呼び、他にも糖尿病や、認知症、がんの原因となる可能性もあるので、注意が必要です。

大人から子供へ虫歯を移さないための注意点

注意点
赤ちゃんの口腔環境は、産まれる前までは、無菌の状態。
産まれてすぐに細菌が生息しますが、母乳やミルクだけの時期は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌優位の状態です。
理想的な口内フローラとされています。
離乳食が始まると、悪玉菌のエサとなる物質が多くなり、口内フローラのバランスも乱れやすくなります。
親からの口移しや、大人と同じ箸やスプーンを使うことにより、歯周病菌や虫歯菌も移してしまうので、大人と子供の食器は、分けて使うようにしましょう。

歯周病や虫歯の自覚症状がなくても、定期的に歯科医院で検査を受け、クリーニングや除菌をしておくこともポイントです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

  • ランドセル 人気
    【ランドセルの人気傾向】選び方や比較ポイントを徹底チェック!

    多種多彩なランドセルが販売される中でどんな色やデザイン、ブランド、素材が人気なのかを解説! ランドセル選びの基本や比較したい内容、失敗しないためのチェックポイントまでを紹介します。 購入時期の目安情報を参考に、早速ランドセル選びを始めましょう!

  • 子供乗せ自転車 安全性
    子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

    子供乗せ自転車を危険な乗り物にしないため、安全性の高い乗り方や自転車選びのポイントを伝授。 ママならしっておくべき子供乗せ自転車の交通ルールもしっかりチェック! さらに、安全基準をクリアしている自転車の見分け方や人気のメーカーも紹介します。

  • 花粉症で肌荒れに!原因と対策をスキンケアのプロが教えます!

    花粉症の症状は鼻炎・目のかゆみとともに肌にも影響を与えることも!マスクによる擦れや花粉が直接肌に影響を与えるメカニズムと毎日のスキンケアで出来る対策方法・ひどくなった場合の応急処置についてスキンケアのプロが解説!肌トラブルを防ぎながらキレイな肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理