syufeel > トレンドニュース > 【ノロウイルスの対策法】冬こそ要注意の感染症を家庭で予防!

【ノロウイルスの対策法】冬こそ要注意の感染症を家庭で予防!

ノロウイルスってどんなもの?

ノロウイルスの特徴

ノロウイルスは激しい急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。
1年中発生しますが、とくに冬場に流行します。

人の腸管の中でのみ増殖しますが、湿気にも乾燥にも強く長期間生存します。
非常に感染力が強く少量が体内に入るだけでも感染するので、学校や幼稚園などでは集団発生することも。
感染すると激しい症状を起こしますが、ほとんどの場合は重症化しません。
しかし、乳幼児や高齢者などではごくまれに重症化することもあります。

症状は?

ノロウイルスは感染すると24時間~48時間ほどで発症。
主な症状は激しい腹痛、嘔吐、下痢ですが、発熱や頭痛を伴うこともあります。
1日に何度も嘔吐や下痢を繰り返すので脱水症状になるケースも珍しくありません。

症状は2~3日で治まりますが、しばらく体内にウイルスが残っているので注意が必要です。
一度かかっても抗体が形成されることはなく、繰り返し感染することがあります。

どうやって感染するの?

ノロウイルスには複数の感染経路があります。

  1. ウイルスが付着した食品を食べて感染(経口感染)
  2. 患者の嘔吐物や便から飛散したウイルスによる感染(飛沫感染)
  3. 患者の嘔吐物や便、また手指に付着したウイルスからの感染(接触感染)

食品による感染は、食品自体にはじめからウイルスが付着していた場合もありますが、調理や配膳をする人からの二次感染も考えられます。
料理をする際には、必ず十分な手洗いを行ってください。

スポンサーリンク

ノロウイルスの予防方法

予防のためのワクチンはありません。
まず第一に、感染しないよう心がけることが重要です。
感染経路や対処の仕方を知り、しっかり予防するように心がけてください。

原因として考えられる食品

s025_二枚貝
実はノロウイルスの感染源として食品が特定された例は少なく、ほとんど明らかになっていません。
特定された例ではカキやアサリ、ハマグリ、ホタテなどの二枚貝がほとんどです。
とくに生食は避けたほうが良いでしょう。

加熱処理

s025_加熱処理
食品からの感染を防ぐためには、加熱処理をすることが有効です。
中心までしっかり熱が通るようにし、食物の中心温度75℃で1分以上加熱してください。
二枚貝など、とくに汚染の恐れが強いものは85~90℃で90秒以上加熱するようにしましょう。
カキフライが感染源になった例もあります。
必ずしっかりと加熱してください。

手を洗う

s025_手を洗う
外出先から帰ったときや、トイレに行った後は「2度手洗い」をオススメします。
石鹸を使って洗い、流水でしっかり流します。それを2回繰り返し、きちんと水分をふき取ります。
指先、爪の間や手のひらのシワなどは洗い方が不十分になりやすいので意識してよく洗いましょう。

トイレ掃除

s025_トイレ掃除
ノロウイルスに感染しても発症しない人もいます。
本人は無症状ですが、排泄物には大量のウイルスが存在します。
知らず知らずのうちに感染の原因になってしまうことがあるのです。
感染拡大を防ぐために、トイレ掃除は重要です。
掃除するときは感染予防のためにマスクと手袋を着用してください。
便器・便座はもちろん、ペーパーホルダー、水洗レバー、ドアノブなども清潔に。
外出先などでトイレを利用する際は備え付けの除菌液などを利用しましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスにかかったら

治療法

ノロウイルスに特効薬はありません。
抗生物質も効かず、かえって胃腸を荒らす恐れがあるため通常は処方されません。
整腸剤や吐き気止めなど、症状を和らげる治療になります。
症状は短期間で治まりますが、あまりに下痢や嘔吐がひどいときは病院で点滴を受けてください。

感染拡大を防ぐ

インフルエンザなどでは出席停止期間などが定められていますが、ノロウイルスに関してはいまのところガイドラインがありません。
各学校や会社によって決められているのが現状です。
学校であれば、1週間くらい休ませるのがおすすめです。
仕事を1週間以上休むことはなかなか難しいかもしれませんが、職場と連携を取り場合によっては診断書を書いてもらうなどの対処が必要です。
症状が治まって出勤可能になっても、他への感染を防ぐためにマスクの着用や入念な手洗いを心がけてください。

汚物処理の方法

s025_汚物処理の方法患者の排泄物・嘔吐物には大量のノロウイルスが存在しています。
乾燥するとウイルスが飛び散るのですばやく、適切に処理してください。

処理するときには感染するのを防ぐため、マスク・手袋(2枚重ね)・エプロンを着用します。
嘔吐物などに塩素系消毒液(または家庭用漂白剤)をかけます。
使い捨てのペーパータオルなどで外側から内側へすくい、処理します。
処理できたら、塩素系消毒液で消毒し、最後に水でふきます。

カーペットなど水ふきでは十分に掃除ができない場合、アイロンを使って熱処理してください。
ノロウイルスは85℃以上の熱を1分加えることで死滅します。
スチームアイロンであれば2分間当てることで85℃以上になります。
手袋、マスクもその都度処理しましょう。エプロンも使い捨てのものが望ましいです。

ノロウイルスはアルコール(エタノール)では除菌されません。
必ず塩素系の消毒液や漂白剤などを使って消毒するようにしてください。

食器類やリネン類にも注意

患者が使用した食器などは塩素系消毒液を薄めた水につけて洗います。
着用した服や使用したリネン類などは、そのまま他の洗濯物と一緒に洗うと洗濯機や他の衣類にもウイルスが付着し、危険です。
塩素系漂白剤でつけ置きするか、85℃以上のお湯で1分以上の熱湯処理をした後で洗濯してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理