syufeel > お悩み一覧 > お金のお悩み一覧 > 住宅ローン > 住宅ローンの借り換えとリフォームローンは同時に併用できる!?

住宅ローンの借り換えとリフォームローンは同時に併用できる!?

リフォームローンとは?

リフォームローン活用例マイホームの経年劣化は避けられません。
特に、外壁や水回りなどは、10年以内のメンテナンスが好ましいと言われています。
また、高齢になった両親のためのバリアフリー工事、安全性を向上させる耐震改修工事や子供部屋の増築などのリノベーションを希望されることもあるでしょう。

住まいのメンテナンスにかかる資金は、預貯金などで計画的に用意しておきたいところですが、リフォームローンを活用するのもひとつの手です。
多くの金融機関で取り扱っている、一般的なリフォームローンの特徴は下記の3つです。

①一般の住宅ローン(新築・購入)よりも、金利はやや高め

②新規の住宅ローンよりも、借入限度額は少なめ
リフォームでかかる費用を限度とし、年収のみならず、既存の借入額なども考慮した上で決定します。

③有担保と無担保がある
無担保融資は、金利が高い反面、登記費用などの経費や手間、審査時間の短さといった面で有利なので、借入金額が少ない又は借入期間が短いケースなどに向いています。

有担保融資は、金利がやや低く借入額も多く設定できます。
しかし、抵当権設定のための諸費用や印鑑証明書、場合によっては保証料などが必要になり、審査にも時間がかかってしまいます。

リフォーム前にするべきこと

リフォーム前の注意現在、住宅ローンを返済中で「そろそろ我が家もリフォームを…」と考えている方の中には、お金は自分で用意してあるから銀行に借りる必要はないというケースもあります。
しかし、リフォームする前には必ず借入金融機関に届け出るようになっています。

住宅ローンを返済中の場合、担保となっている土地や建物を勝手に変えてはいけない契約になっています。
少しの変更であれば問題のない場合もありますが、増改築で床面積が増減するなど登記の変更に匹敵するクラスのリフォームになると保証会社の承認が必要になってくるので、住宅ローンを返済中の金融機関に相談しないといけません。
また、敷地内に別棟の離れを作ったり、基礎工事を行って建造物とみなされるような物置を作ることも、これに該当するので注意してください。
もし、この契約に違反したリフォームを行った場合、金融機関からペナルティとして違約金や借入金の繰上返済を請求されることになります。

借り換えローンの活用方法

一部の金融機関では、既存の住宅ローンの借り換えと同時にリフォーム資金をプラスして借りられる商品もあります。
リフォームローンをセットで借り換えできる金融機関は住宅ローンの利率にあわせてくれ、最近では借り換えと同時にオール電化や太陽光発電といったシステムを導入するリフォームも低金利で借入できるサービスを行う金融機関もあり、ますます商品が多様化しているので、細かい点までチェックをした方が良いでしょう。

ひとつ注意したいのは、リフォームローンの融資の承認が下りる前に、事前着工してしまうこと。
事前着工した物件は、ローン対象外とされてしまうケースもありますし、もしもローン審査が通らなかった場合は資金計画上、自分自身が困ることになります。
まずはリフォームの計画段階で、金融機関に相談することをおすすめします。

リフォームローン返済中でも借り換えがお得?

返済中のリフォームローンも借り換えローンの対象となる場合があります。
10年以上前に借りたリフォームローンの場合、金利差が大きいことが予想されるので、検討してみる価値があるかもしれません。
ただ、一般的にリフォームローンの借入額はもともと少なめなので、借り換えローンの利用で新たな諸費用をかけるよりも、一部繰上返済などで早めに返済してしまうほうがお得なケースもあります。

今こそ見直しどき!本当にトクする住宅ローン借り換え比較方法
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


薬剤師・漢方アドバイザー

山本 里佳


健康のお悩み一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 節約したい主婦注目!電力自由化の乗り換え方法をプロが徹底解剖

    電力自由化で少しでも電気料金が安くなるなら乗り換えたいけれど、不安や疑問もたくさん。そんな主婦の方たちのために、電力専門誌の編集長に電力自由化で家計に直結するお得情報までを聞きました。乗り換えのチェックポイントや注目の電力会社を紹介します!

  • 冬の暖房器具はこれがおすすめ※種類別の電気代や特徴を徹底解説!

    そろそろ暖房器具が欲しくなってくる季節。でも色々な種類があってどれを選ぶか迷いますよね、主婦にとっては光熱費も気になるところ。省エネで安全なものを選びたいかた必見!この冬チェックしておきたい暖房器具の種類や特徴、賢く選ぶポイントをご紹介しています!

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

  • 【目の周りの乾燥対策】目元トラブルの原因とアンチエイジング法

    シワ、くま、くすみなど、女性の目元に関するトラブルの原因とは何なのでしょうか?目の周りに関するお悩みのきっかけとなる環境や生活習慣から予防・改善策までを紹介します。年齢より老けて見える目元悩みを改善し、アンチエイジングを目指しましょう。

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理