syufeel > お悩み一覧 > 妊娠・出産のお悩み一覧 > 母親学級ってどんなところ?目的や時期別の内容を知って不安解消

母親学級ってどんなところ?目的や時期別の内容を知って不安解消

母親学級とは?

母親学級とは、出産を控えた妊婦さん向けに妊娠中の過ごし方や出産の流れ、また産後の赤ちゃんのお世話などの知識を提供してくれるクラスです。
「プレママ教室」や「マタニティ教室」など、母親教室ではないさまざまな名称がついていることもあります。

スポンサーリンク

母親学級の目的

妊娠や出産は、誰にとっても大きな期待と不安を伴うもの。
妊娠前には想像もつかない心と体の変化が起こることもあり、生活スタイルも妊娠前と比べて大きく変化します。
母親学級は、そういった妊婦さんの不安や悩みを解消して正しい知識をつけてもらうことを主な目的としています。

母親学級には同じ時期に出産予定のお母さん同士が集まるので、不安を語り合ったり、情報交換する場にもなり、知り合った妊婦同士が出産後も親子そろって交流を続けているという話も。
また医師や助産師、保健師の方など、お産や子育てのプロから話を聞く機会にもなります。
診察時や手続きの際にはなかなかゆっくり聞くことができない、妊娠中の健康管理や出産関連の最新情報を得ることもできるので、母親学級へ参加することは大変有意義だと言えるでしょう。

開催期間と参加回数

多くの母親学級は年に数回のペースで開催され、参加希望者は事前に予約申し込みをします。
分娩予定の病院や産院によっては、出産施設の説明や案内を兼ねて母親学級を開くこともあるので、妊娠中に1度は参加するように推奨される場合も。

いずれにしても、強制されることはまずありません。
体調を最優先に考え、切迫早産などで安静が必要なときやつわりがひどくて家を出られない場合は無理をしないようにしましょう。

母親学級の3つのタイプ

母親学級のタイプ

現在開催される母親学級は主催者によって大きく3つのタイプに分けられます。

①地方自治体
地方自治体主催の母親学級は、地域の保健センターや公民館などで開催されることが多く、健康指導や同じ地域に住む妊婦さん同士の交流の場となっています。
また妊娠中や産後に受けられるサービスや乳児健診、予防接種など地方自治体ならではの情報提供の機会にもなります。

妊娠中、地域の行政窓口で母子手帳を発行してもらうことになりますが、その際に開催日程や会場などを案内してくれるケースがほとんど。
年間予定表や申し込み方法などの情報が知りたい場合は、電話窓口などに問い合わせてみましょう。

②病院や産院
病院や産院によっては独自に母親学級を開催しているところも。
主に、その病院で出産予定の方が対象となり、妊婦健診の際にスケジュールや案内を渡される場合が多く見受けられます。
妊娠中や出産後の体調管理をはじめ、入院時の流れや注意事項などの具体的なことを指導してくれます。

また、入院病棟や分娩室など実際に使用する設備などの見学ができることも多いので、参加しておくとイメージがはっきりするので安心です。
大抵の場合、指導担当者は病院や産院のスタッフ。
ですから、立ち合い出産から入院中の見舞い客のことなど具体的な疑問を直接質問する良い機会にもなります。

③民間サービス
ベビー用品メーカーなどが商品のPRイベントを兼ねて開催することが多いマタニティ教室は、マタニティ用品やベビー用の便利グッズなどをそろえる際の参考になるでしょう。
オムツや抱っこひもなど、赤ちゃんが生まれるまではイメージがつかみにくい商品の使用方法を学ぶ機会にもなるので機会があれば参加してみてください。

プレパパ教室や両親学級

プレパパ教室

「イクメン」という言葉とともに男性の積極的な育児参加がすすむ中、お母さんだけでなくお父さんも一緒に参加できる「両親学級」、男性向けの「プレパパ教室」を開催しているところも増えています。

日々出産に向けて体が変化し、お腹の赤ちゃんの成長を実感する女性と違って、男性はなかなか妊娠や出産の具体的なイメージがつかみにくいもの。
プレパパ教室や両親学級では妊娠や出産の流れを説明してくれたり、体におもりをつけた「妊婦体験」を提供してくれたりします。

さらに、陣痛時の呼吸法、人形を使った沐浴やおむつ替えの練習ができることもあります。
お腹が大きい妊婦さんの大変さや赤ちゃんがいる暮らしを疑似体験することで、父親としての意識は否が応でも高まり、その結果、出産後の夫婦関係が円滑になる効果もあるので、機会があればぜひ参加することをおすすめします。
年に数回、地方自治体が主催する場合が多いので、母親学級同様に広報誌や担当窓口でスケジュールを確認しておくと良いでしょう。

母親学級の時期別の内容

妊娠初期 中期

妊娠初期の場合

妊娠の流れや、時期別に起こりやすいトラブルと対処法の説明が中心。
まだ安定期前でつわりに悩まされたり、体調の変化が大きく、特に初産の方は精神的にも不安が多い時期です。
具体的な注意点やつわりを上手に乗り切る方法を聞くことで安心感を得ることができます。
また、同じような悩みを抱える妊婦さん同士が顔を合わせることで気分転換にもなるでしょう。

妊娠中期の場合

安定期に入ると、食欲がわき、体重管理が重要な課題となります。
妊娠中に必要な栄養素や避けたほうが良い食べ物など、食事をはじめ生活習慣についての指導が中心に。

妊婦体操やマタニティスイミングなど、出産に向けての体力づくりや妊娠期間をできるだけ快適に過ごすためのポイントを教えてくれる教室もあります。
また、出産や産後に必要となるベビー用品など、体が動くうちに用意しておいたほうが良いものを紹介してくれることも。
妊娠後期 出産

妊娠後期の場合

そろそろ本格的な出産準備に入る時期。
陣痛が起きた際の病院への連絡方法や呼吸法を学びます。
病院や産院では実際に陣痛室や分娩室を見学させてくれることもあります。
また、産後の生活をイメージできるように赤ちゃんの沐浴体験やおむつ替えの練習、母乳育児に関する情報などがプログラムに組み込まれている場合も。

いよいよ出産予定日が近づき、外出もおっくうになりがちな時期だからこそ、出産のプロや同じ境遇の妊婦さん同士が交流を深められる貴重な機会なので、気分転換のためにも参加することをおすすめします。
ただし、無理せずに体調を最優先に考えて参加を検討するようにしてください。

スポンサーリンク

里帰り出産の場合

里帰り出産をされる方は、妊娠中お住まいの地方自治体が開催する母親学級に参加して産後のサービスなどの情報を得たり、顔見知りをつくっておくと帰ってきたときに慌てずに済みます。
また里帰り出産の場合、出産直前まで産院や病院の様子がわかりにくいという不安もあります。

分娩予定の医療機関等で施設見学や出産の事務手続きにかかわる母親教室がある場合は、妊娠中に1度参加しておくと安心です。
ただし、体調に合わせて無理のないようにしましょう。

妊娠中の不安解消に活用しよう

母親学級の活用方法

妊娠や出産は命を育む素敵な出来事で、病気ではありません。
しかし想像もつかなかった思いがけない心身のトラブルに戸惑うことも。
初産婦はもちろん、経験のある方でも、一人で不安を抱えているのは辛いものです。
そんなとき、同じ時期に出産を控えた妊婦さんが集まって情報交換をすることで「不安なのは自分だけじゃない」と感じることができます。

また、プロや先輩ママの話を聞くことでこの先のプロセスが明らかとなり、漠然としていた不安に対処できるようになるでしょう。
母親学級は妊婦さんが心身ともに健やかに妊娠、出産そして子育てへと進んでいくためのものです。
上手に利用し、妊娠期間を少しでも安心して過ごしていきましょう。

この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 不妊鍼灸治療の効果とは?人気鍼灸師が教える治療の流れと注意点

    妊活中で鍼灸治療を試してみたいけれど、実際にどんな効果があるのかが気になるところ。 どのくらいの期間どんな治療をするのか、治療の注意点はあるのかなどを、「Sekimura鍼灸院」の院長である人気鍼灸師の関村順一さんが伝授! 失敗しない鍼灸院の選び方も要チェックです。

  • 【七五三とは?】ママなら知っておきたい時期や服装の豆知識!

    七五三はいつの時期にするのが正解なのか、子供の服装はどうすればいいかなど、意外と知らないことがたくさん。 そこで、そもそも七五三にはどんな役割があるのかから、お参りの仕方、お金にまつわることまで、今さら聞けない素朴な疑問を解決します!

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

  • 冬の暖房器具はこれがおすすめ※種類別の電気代や特徴を徹底解説!

    そろそろ暖房器具が欲しくなってくる季節。でも色々な種類があってどれを選ぶか迷いますよね、主婦にとっては光熱費も気になるところ。省エネで安全なものを選びたいかた必見!この冬チェックしておきたい暖房器具の種類や特徴、賢く選ぶポイントをご紹介しています!

専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理