syufeel > 記事一覧 > 妊娠・出産 > 不妊カウンセラー・永森先生が語る「妊娠の高齢化と不妊の葛藤」

不妊カウンセラー・永森先生が語る「妊娠の高齢化と不妊の葛藤」

不妊治療 ケア

不妊治療の終結期を迎えるなかで、「不妊治療を終わらせる決断ができない」「子どもを諦めた後も心の苦しみが続く」という悩みを抱える女性は多いものです。

今回ご登場いただくのは、自らの不妊治療の経験と幅広い知識を生かして、妊活に悩む女性の支援活動を行っている一般社団法人MoLive(モリーヴ)代表の永森咲希先生です。

不妊治療の終結期とその後の心のケアという、これまでにない視点に立って活動を始めた経緯や、具体的な活動内容についてお話をお伺いしました。

不妊治療後の心のケアに注目

不妊 サポート

── 不妊カウンセラーをはじめ、さまざま資格をお持ちですが、やはり活動の中心は不妊に関するものでしょうか?

そうですね。
一般社団法人MoLive(モリーヴ)の代表という立場ではありますが、悩みを持つ当事者の方々のお話を伺うことを基本にしています。今私が持っている資格は、不妊カウンセラー、不妊ピア・カウンセラー、家族相談士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントですが、こうした資格は、当事者の方々のお話を伺う中で必要と感じて徐々に学び取得したものです。

子どもができないという問題は夫婦だけの問題ではなく、それぞれの原家族に関わる問題に発展することもあることから、家族の問題を扱う家族相談士を取得しました。
また、日本の現代社会で働く女性たちにとって、生殖の問題(ライフプラン)はキャリアプランと切っても切れない関係にあり、仕事と不妊治療の両立に悩む方が多くいらっしゃいます。
産業カウンセラー、キャリアコンサルタントについて学び、資格を取得したのはこうした背景からです。

「子どもを産みたいけれど妊娠できない」「子どもを諦めざるを得ないけれど、その後の人生を思い描くことができない」「仕事と不妊治療の両立に行き詰まりを感じている」「姉妹関係が悪くなってしまった」「親戚に会いにくい」等々、不妊の悩みと一言で言ってもさまざまな要素が複雑に絡み合っていますから、多方面から少しずつお話しを伺いながら精神的サポートをしています。

このように悩む女性やご夫婦が増えているのは、妊娠の希望年齢の高齢化が大きく影響していると思います。
実際私もそうしたひとりでした。高齢で妊娠・出産を望み、6年間の不妊治療を受けましたが実らず、子どもを諦めざるを得ないという現実に直面しました。
諦めた後は喪失感や欠落感に見舞われ、なんとも表現し難い時間を過ごしていました。何をしても地に足がついていないというか、空っぽというか。

結婚すれば、そのご夫婦がすぐに”妊娠”に向かえるかといったらけっしてそんなことはないですよね。
お互いが仕事で忙しいという状況もあるでしょうが、相手への信頼があって、またセックスがあって、”妊娠”に向かえるわけです。
パートナーに対して不信感が芽生えたり、別の異性の影が見えたり、セックスレスだったりすれば、妊娠はそのご夫婦にとって簡単なことではなくなります。
体のコンディションだけではなく、心のコンディションもとても大事な要素です。このことは、私自身、自分の離婚経験を通して痛感したことです。

子どもをあきらめてからの数年、私は元気な自分を取り戻しつつも、生まれてきた意味や役割…大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そんなことをずっと考えていました。
そして、私の中にある消化不良のような部分を、自分について「書くこと」で埋めていったような感覚があります。
気づくと取りつかれたように書くことに集中していました。
私が経験した裏切り、離婚、再婚、過去のトラウマ、不妊治療、子どもをあきらめる決断、そしてその後、といった過程を赤裸々に綴りました。

当初は生殖に関わる極めて個人的なことを公表することに、躊躇がなかったわけではなく随分悩みました。
ですが、たったおひとりでもいい、同じような思いでいる方に共感していただけたり、何か参考にしていただけたらそれだけで私が辿ってきたことに意味があるのではないかという思いに駆られ、2014年秋、「三色のキャラメル -不妊と向き合ったからこそわかったこと-」(文芸社)という本にして出版しました。

この本の出版と同時に、自分の経験と同じような辛さを抱えている人々に寄り添い、支援したいという思いから「MoLive(モリーヴ)」を立ち上げました。
女性がさまざまな葛藤のなかで迷いながらも納得した人生を歩めるように、なかでも、子どもを諦めなければならない辛さを抱える女性への支援には、特に力を入れています。

不妊のケア

── 「妊娠を諦める」という葛藤に特化したケアへの注目度は高いようですね。

高齢で妊娠を望む方が増えたことにも関係しますが、今の日本では高度な生殖医療を受けても、妊娠できる人より妊娠できない人の方が多くなりつつあります。
あきらめなくてはならないという岐路に立った時の心の揺れや葛藤に、それまで経験したことのない苦しさを感じられる方が多くいらっしゃいます。
また、あきらめた後も、さまざまな感情に見舞われる方もいらっしゃいます。

「子どもが欲しい」と願った思いは、簡単にリセットできるものではありませんし、封印できるものでもないないはずです。
それなのに、そんな気持ちを抱える方々への支援がこれまであまりなかったんですね。
ですからモリーヴでは、「不妊治療、頑張れ」というよりむしろ、「不妊治療、お疲れ様。これから先の人生、豊かに生きましょう」と、その後の人生を立て直していくための心のケアに重きをおいています。

── 子どもが生まれないことによって、家族間で問題が生じる場合もあると聞きます。

確かに、不妊の悩みは家族の問題と密接に関係しています。
先程も話に出ましたが、私が家族相談士の資格を取ったのも、そのためです。
実家の両親との問題、義理の両親との問題、兄弟や姉妹に子どもが産まれたことによる関係性の変化など、家族間で生じる葛藤のケアが必要となるケースも見過ごせません。

働く女性の妊活の悩みにも応える

妊活 仕事

── 妊活と仕事とのバランスに悩む女性も多いですね。

働く女性はとても多く、キャリアと生殖の問題は切っても切れない関係にあります。
産業カウンセラーやキャリアコンサルタントの資格を取得したのも、相談にくる方々のお話しの中に、治療と仕事の両立の難しさの悩みや、職場にいづらい心理状態といった事柄も多かったためです。
仕事をしながら不妊治療を続けるうえでの悩みや、妊娠に向けての準備とキャリアとのバランスに関するご相談にも対応できるようにしています。

モリーヴの具体的な活動としては、こうした「子どもができない」悩みをもつ女性やご夫婦を対象に、対面カウンセリングや電話やスカイプカウンセリングのほか、当事者同士で経験をわかち合う「わかち合いの会(茶話会)」などを開催。
また、自分自身の体験についての講演や医療関係者に向けての講演、またイベントの開催なども行っています。
今後は妊娠適齢期に関する啓発的な活動も実施していけたらと思っています。

── 対面カウンセリングもされているとのことですが、誰でも森永先生に相談に行くことができますか?

はい、可能です。
遠方の方であれば、電話やスカイプなどを利用したカウンセリングも受け付けています。
最近は、地方の人からも、そうしたかたちでのご相談を受ける機会が増えてきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


スキンケアカウンセラー

松原好克


美容のお悩み一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理