syufeel > 記事一覧 > 妊娠・出産 > 妊娠中の不安を解消!最高の夫婦関係を築くコミュニケーション術

妊娠中の不安を解消!最高の夫婦関係を築くコミュニケーション術

妊娠・出産を経て、一人の女性が母親になるということは、とても大きな変化です。そのため、精神的にもいろいろな葛藤や不安を抱えます。
そこで、妊娠中の不安感にどう向き合い、ケアしていくのかのアプローチ方法をご紹介。
フラストレーションが溜まり、耐えきれなくなってしまう前に、まずは自分自身がどんな不安を抱えているのか意識化してみる事から始めましょう。

妊婦の心のケアの重要性

心のケア

妊娠中は女性ホルモンの分泌が妊娠前と比べ大きく変動するため、つわりなどの症状で気分が優れないことがあります。
ホルモンバランスが崩れ、訳も無くイライラしてしまったり、急に悲しい気持ちになり涙を流してしまうなど、精神的に不安定な状態になりやすいのです。
さらに、妊婦さんの中には、お腹の子供が元気に生まれてくるか心配でたまらなくなり、不安な気持ちを抱く方も少なくありません。

病院で妊娠を確認し、役所で母子手帳をもらうと、妊婦生活が始まります。
産婦人科で定期的に妊婦検診を受け、体調管理に取り組むのも妊婦さんの大切な役目。
そして、母親学級などで、おむつの替え方や沐浴の方法といった赤ちゃんの物理的なケアについて学びます。
しかし、こうした過程では、母親になるためにどのように心の準備をするのか、精神的にも母親になるというのはどういうことなのかといった教育の機会がほとんどありません。
妊娠中の悩みを専門家に相談する機会や、心のケアを行う専門機関が少ないという現状もあり、妊婦の心のケアは意外と見落とされがち。
そこで、ヒプノセラピー(催眠療法)の考えを妊娠や出産に関するアプローチに応用した「ヒプノ赤ちゃん」のメソッドで、妊娠中のストレスや不安感を解消していきましょう。

妊娠中に生まれる不安感とは?

棚卸ワーク

一概に妊婦が抱える不安感といっても、人それぞれ。どんな不安を抱えているのは、その人の生活や生き様、ベースにある考え方が大きく影響してきます。
未成熟な自分がママになり子育てができるのだろうかという不安や、子どもが生まれてから経済的にどうなってしまうのかという不安などが根底にある人もいます。

さらには、「愛情」という観点でさまざまな不安を持つケースもあります。
子供が生まれるということは、今まで夫婦二人の関係性だったところに新しい命が入り込むということ。
家族とはいえ新しい存在が夫婦の間に入ることによって、今の関係性がどうなってしまうのかという不安感が生まれることもあるのです。
これまでは夫の愛情をひとりで受けていたけれど、子どもが産まれる事によって夫の自分に対する愛情がよそへ向いてしまうのではないか、自分の子どもにその視線を取られてしまうんじゃないかと心配になる方もいます。
妊娠中には、このように今まで考えもしなかった愛情欲求や不安感が出てくることもあるのです。

自分が抱える不安を把握しよう

不安感を持つ妊婦の方は、まず自分がどんな悩みを抱えているのかを知ることから始めましょう。
自分が抱える不安を具体的に把握してもらうことを、「棚卸しワーク」と言います。

この棚卸ワークでは、自分の無意識の領域とのコミュニケーションを図り、潜在意識下にある問題の根源へと向き合うことが大切です。
これは、パートナーの方と一緒に行うのが有効といえます。
一人の男性に子供が生まれてパパになるということは、やはり旦那さんにとっても精神的に大きな変化をもたらすこと。
ご主人は男性側の視点で、不安や葛藤を抱えているのです。

自分が抱える不安を認識していないと、訳も分からず怒りの感情やストレスがどんどん溜まってしまいます。
そして、あるとき耐え切れなくなり、パートナーに怒りの感情をぶちまけてしまう事態に陥ることも否定できません。
夫婦関係の危機になるような原因を作らないためにも、お互いがどのような不安を抱えているのかを理解し合うことが大切なのです。

夫婦で行う不安解消法

不安解消法

不安(怖れ)を紙に書き出す

最初に、夫婦それぞれ自分がどんな不安を抱えているのかを、どんどん紙に書き出してください。
日常生活をよく振り返り、自分としっかり向き合いながら、何が不安なのかを挙げていきましょう。

そして、紙に書き出した不安の中から優先順位の高い5つを選び、お互いに交換します。
パートナーが書いた紙を見ることで、相手がどんなことに不安を抱いていたのかをお互いに気づくことができるのです。
日常に埋もれてしまうと、大事なことをパートナーと語り合えていなかったりします。
夫婦で棚卸しワークをすることによって、自分の潜在意識とのコミュニケーションと夫婦のコミュニケーションが図れるのです。

お互いの不安と向き合う

お互いの不安を把握したら、次はその不安に対して、夫婦でどの様に向き合っていくべきかをしっかり話し合いましょう。
赤ちゃんを迎え入れるということは、一人の問題ではなく、家族の取り組みです。今後、二人でどうしていけばよいのかを考え、お互いを尊重しあいながら、理想とする新しい家族の形を一緒に楽しみながら創造していきましょう。

例えば、子どもが生まれてからの仕事や、家事・育児の分担について話し合うのもひとつです。
また、自分たちに合ったストレスの解消法や気分転換の方法を見つけるのもいいでしょう。
今後の人生でお互いを幸せにするために、きっとこの話し合いは良い機会となるはずです。

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


メイクアップアーティスト・オーガニックメイクアップアーティスト

星 泰衣


美容の記事一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理