syufeel > お悩み一覧 > 妊娠・出産のお悩み一覧 > 不妊の悩み一発解消!孤独感&ストレスをヒプノセラピストが撃退

不妊の悩み一発解消!孤独感&ストレスをヒプノセラピストが撃退

不妊の悩みは、不妊治療に関するものや、子どもができない焦りで追い詰められていくような苦しみなど、心身ともにさまざまなものがあります。
そこで今回は、こうした不妊の悩みを取り上げ、それぞれの打開策をご紹介。
いつのまにか悩みの渦へと入り込む前に、心をすっきり軽くして、本来の自分に戻りましょう。

強い孤独感から解放されたいとき

打開策

不妊の悩みとして、「不妊治療を始めてから、強い孤独感に襲われるようになった」と訴える女性が多くいます。
不妊治療をしていることに関して、友達にも言う気になれず、相談もできず、孤独感がより強まる人も少なくありません。
そこで、そうした孤独感から解放されるための打開策について、まずご紹介します。

負の情報から外に目を向ける

不妊治療をしていると、常に赤ちゃんが欲しいという思いにとらわれてしまうものです。
そのため、不妊や妊娠に関する情報をインターネットなどで集めたり、確かめたりする人もいますが、ネット上には、傷の舐めあいや、負の連鎖にはまりこんでいくようなコミュニケーションの場も少なくありません。

でも、子宝を望む思いが強く、心のバランスを崩しやすい執着心につながってしまうと、「どうしても調べたい」という気持ちが勝ってしまうもの。
ネット情報から目が離せなくなり、自分をどんどん孤独にしていく負のスパイラルに陥ってしまいます。
そこで大切なのが、負の情報から外に目を向けることです。

一度こうした状況に陥ってしまうと、なかなか簡単には外に目を向けられないかもしれません。
でも、同じネット情報を見るのでも、自分をマイナス感情に落とし込むような言葉や情報に触れないようにするだけで、状況は変わってきます。
前向きな考えをもつ人が集まる場を選び、前向きな気持ちをシェアできる場所に自分を置くようにして、負の場所から、自分を遠ざけましょう。

悩みをシェアして前向きになる

悩みを話す

ヒプノセラピストをめざす受講生には、不妊治療を扱う婦人科の看護師の姿も目立ちます。
その人たちの話によると、待合室で診察や検査を待つ受診者は皆、周囲の人と喋ることもなく、本当に一人でふさぎこんでいる様子だと言います。
また、精神的な余裕を失っているせいか、受付の看護師さんに無理なリクエストを要求するなど、かなり追い込まれた状態の人も少なくないようです。

一方、ヒプノセラピーの妊活ワークショップなどでは、集まった女性たちに、現在の不妊治療や、子どもができない悩みの現状について、お話しできる範囲で語ってもらいます。
そうすると皆さん、「涙を流しながらでも悩みを言えたことに、すごく救われた」「私一人じゃなかったんだ」と、悩みを人と分かち合えたことに、とても救われているのが感じられます。

不妊治療中の孤独感は、一人で抱えたり、負の連鎖にはまりこむような場所にいても解決しません。
自分が前向きになれる場所、質の良い光が見出される場所、自分を吐き出すことができて、お互いに悩みを分かち合える場所に足を運びましょう。
「皆、こんなふうに悩んでいるんだ」と、一緒に悩みをシェアすることで、心がずっと軽くなります。

妊婦姿も妊娠報告も苦痛なとき

対策

不妊状態の辛さから、不妊治療のために訪れる病院で妊婦さんを見たり、友人の妊娠報告や、友達の出産報告を聞いたりするのも苦痛だという人もたくさんいます。
次は、その場合の対策について、ご案内します。

温かい心遣いのクリニックを選ぶ

不妊治療のために、産婦人科やクリニックなどに通う人は多いですが、少しでも心にストレスをかけないようにするためには治療法だけでなく、病院選びも大切です。
不妊治療を受ける人や相談者の心の面まで気にかけて、温かい心遣いが感じられる医療機関を選びましょう。

不妊治療の受診時間と、妊婦さん向けの受診時間を分けている治療院などもあるので、そうしたところを選ぶのもおすすめ。
受診のために来院して、妊婦さんを目にするたびにストレスを感じるのでは、妊活にもよくありません。

追い詰められている自分を自覚する

不妊治療中で妊婦さんを見るのも辛いというとき、本人は自分自身がどんな状況にいるかということも見えなくなっています。
まずは自分がひどく追い詰められているということを、自覚することが大事です。
「ああ私、こんな情報を聞いた今、相当苦しんでるよね」と自覚したうえで、「このメンタルをひとつ持ち上げるには、どうすればいいのかな?」という発想につながっていくのが理想です。

以前、自分の内側と向き合っていくというワークショップを、1日2時間、5日連続で行ったことがあります。
参加者は各地から来られるのですが、初日や2日目の時点では、電車に乗って座っているときに、妊婦バッジをつけた妊婦さんが目の前に立っても、「絶対ゆずりたくなんかない」と思ったという人がいました。

ところが、いろいろな手法を使いながら自分と向き合ったワークショップの最終日、同じ参加者が「今日、電車のなかで、妊婦さんがまた目の前に立ったんです。でも、相手に気持ちよく席をゆずれたんです」と、本当に嬉しそうに報告してくれたことがとても印象に残っています。

負の連鎖に落ちた自分を救い出す

自分を救う

不妊治療中、自分を徹底的に追い込んで、子供が欲しいという思いに執着し、もう人の幸せも喜べない状況にまで自分を追い詰めているのに、それを自覚することさえできないというのは、かなりストレスフルな状態です。

こうした負の状態に落ち込んでしまったときは、「そこから抜け出す」「自分を救い出す」ということがとても重要になります。
というのも、ストレスは妊娠しやすい体づくりを妨げるなど、身体に大きな影響を与えるからです。
そのメカニズムは次のとおりです。

人には体の機能をコントロールする二つの自律神経があります。
一つは体を穏やかな状態にする「副交感神経」、もう一つは体を興奮状態にする「交感神経」です。

副交感神経が優位な状態で、体がリラックスしていると、子宮などの生殖器官や消化器官、免疫器官が有効に働きます。
逆に、ストレスがあると交感神経の働きが強まり、体は闘うか逃げるかという「闘争逃走状態」になります。
交感神経が優位の闘争逃走状態のとき、一番ダメージを受けるのが生殖器。
ストレスに反応することで、赤ちゃんができにくい状況を自らの体が作ってしまうというわけです。

じつは、ここが不妊治療の落とし穴。
初めはただ赤ちゃんが欲しくて、専門家のもとで不妊治療を始めるのですが、いろいろな治療で心身とも大きな負担がかかるうちに、かえって赤ちゃんができにくくなり、さらに治療を重ねてどんどんストレスがかかるという悪循環を自ら作り上げているのです。

ですから、不妊で悩んだときは、こうした悪循環に陥っていることに気づき、リラックスを心がけることが大切。
負の連鎖に入り込んでしまった自分を救い出してあげてください。

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


薬剤師・漢方アドバイザー

山本 里佳


健康のお悩み一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理