syufeel > お悩み一覧 > 冠婚葬祭・暮らしのマナーのお悩み一覧 > 子供とお出かけのマナー!気をつけたいポイントは?赤ちゃん編

子供とお出かけのマナー!気をつけたいポイントは?赤ちゃん編

「子供とお出かけ」と言っても、赤ちゃんから小学生など年齢によって考えたいところが違いますね。
子供の年代別に分けて外出について考えてみましょう。
1回目は赤ちゃん(乳児)とお出かけする場合です。
(乳児とはちなみに1歳未満の子どもを指します)

乳児にとっての外出とは

まず、考えたいことがあります。
そもそも、乳児を連れて町中やデパート、公共の場に出掛けなくてはならないかということです。
これはマナー以前の問題です。

乳児は生後半年くらいは母体から受けた免疫がありますが、その「生後半年」というのは首の座り、お座りができるなど、体の構造が少しずつ確立していく大事な時期です。
首の座りやおすわりができるということは、脳の発達とも深い関係があります。
無理な姿勢で連れ歩くのは、よほどの状況のときに留めたいものです。

注意生後半年を過ぎた頃からは、自然免疫がなくなりますので感染率が高くなります。
体の構造や成長、脳の発達、免疫などを考えた時に、人ごみの中に連れ出すことがどうしても必要なのか考えましょう。

またこの時期に乳児は、周囲にいるいつも見える人との関係を認知したり、環境に適応する力をつけています。
外出は、必要以上の環境の変化(町中の様子)、騒音、空気、揺れなど、乳児にとっては好ましく無い環境が一杯です。

授乳の間隔も短く、外出中も授乳することになってしまうでしょう。
また、排泄の回数も多く定まっていません。

そのような乳児の状態を把握した上で、乳児にとってはリスクが多く快適とはいえない環境に身をおかせてしまうことを考えてお出掛けの如何を思案しましょう。

乳児期の、体のめまぐるしい発育、変化、脳の発達などのメカニズムを知り、乳児に適した環境の中に身をおくことを親も楽しめる育児ができたら良いですね。
「相手の身になる」「恕学」のマナーは乳児相手にも尊重する姿勢が大事ですね。

point赤ちゃんの身になって外出を考えましょう

その外出はほんとに必要?

そうはいっても、育児はノイローゼや鬱も生んでしまうことさえあります。
「自分も認めてあげる」のも「恕学」の考え方です。
息抜きや気晴らしも大切ですね。
そんな時は、公共の場といっても、人ごみの少ない郊外や自然の中に出掛けられるとよいでしょう。
自分のために時間を使えるような環境も必要です。
ショッピングをしたり、バーゲンに出掛けたりもしたいでしょう。
少しの間でも、替わりに面倒を見て下さる方がいらっしゃるとよいですね。

育児の手が他に無く、毎日の買い物にも行けないという状況にある方も確かに困りますね。
昨今ではネットスーパーや通販・宅配も充実しています。
自分や乳児に無理がないように外出と使い分けましょう。
その上で外出時にどうすれば良いかを一緒に考えてみましょう。

公共の場での授乳

授乳室
子どもが生まれたからといっても、女性としての恥じらいやたしなみは忘れないでいたいものですね。

  • 人前での授乳を避ける
  • 電車の中など人目のあるところでの授乳は好ましくありません。控えましょう。

  • 「授乳室・ベビールーム」を利用する
  • 最近は、デパートやショッピングモールには授乳室やベビールームが設けられています。

  • 授乳スペースは基本母子のみで利用する
  • 授乳室への男性の立ち入りは、他のお母さんの気になるところです。
    落ち着いて授乳ができるように、お父さんには外で待っていてもらいましょう。

  • 男性がミルクやおむつ替えのためのベビールームの利用に理解を持つ
  • 昨今、男性が育児をするケースも増えています。
    ベビールームでミルクを飲ませなくてはならない状況にある男性には、おおらかに対応して差し上げましょう。

  • 「授乳室」が見当たらない場合は、人目のないところを探す
  • 「授乳室」が見つからない時は、人目のない場所を探し、あからさまに「授乳中」というような絵にならない姿で行いましょう。
    ストールなどを上手に使って工夫してみて下さい。

  • 時間配分を考える
  • 目的地到着後の授乳にあわせて、出掛ける時間に配慮しましょう。
    途中でぐずりだしたら、授乳するのではなく「湯冷まし」を与えるなど対処いたしましょう。

おむつを替える際、気をつけること

皆が使うもの、清潔を心がけましょう。
当たり前ですが、汚さないことに細心の注意を払うことが大切です。

  • タオルやおむつ替えシートを持参する
  • おむつの交換台には、持参のタオルやおむつ替えシートなどを敷いてからおむつ交換をいたしましょう。

  • 汚してしまった時はキレイに片付ける
  • 万が一汚してしまったときには、汚れをふき取りきれいにしておきます。
    広く周囲を汚してしまい、手持ちのティッシュなどでは掃除しきれない場合はそのままにせずインフォメーションなどに相談することも大事です。
    次に使う人の身になることが大事ですね。

ベビーカーの扱い

ベビーカー
ベビーカーでの外出も、車いすでの外出とともに楽になりました。
特に駅でも、ベビーカー優先の表示も見かけます。
お互い様の気持ちでまわりも接するよう心がけますので、ご使用の方々もまわりへの配慮を忘れないように致しましょう。

エレベーターは限られたスペース

車いす、ベビーカー優先と書いてあるエレベーターは多いですね。
『エレベーターに乗らなくても大丈夫な方々(健常者)は譲りましょう。』が基本ですが、昨今は地下4階がホームなどというところもあったり、健常者でもエレベーターを使う方が多いです。
そんな時は、特に時間で急ぐことも少ないベビーカーの人たちも、謙虚に順番に並び、「どうぞ、お先へ」の笑顔と会釈を致しましょう。

ベビーカーを折りたたむべき?

折り畳めばもう一人二人乗れそうだということで、咎められることもあると思います。
しかし、乳児を抱いて人ごみでベビーカーを畳むことは危険が伴います。
「ご迷惑おかけして申訳ございません」「折り畳めなくて申し訳ございません」の気持ちを言葉と態度で示すことも必要だと思います。

バスの中でベビーカーを畳むか否かの論争はよく耳にします。
バスは揺れます。
乳児を抱いて、ベビーカーが倒れないように配慮することは危険です。

もし子どもを連れていない場合は、手伝って差し上げましょう。
スペースを確保しなくてはならないならば、まわりの人たちでベビーカーを畳み支えて差し上げる、席を譲るなど助け合いましょう。
周りの方に助けて頂くことに感謝する気持ちがあるのならば、必要以上に公共の場に出掛けることを慎む心を育んで頂けると思います。

電車では、乗り降り、通り道の邪魔にならないようにベビーカーの置き場所を考えましょう。
電車で座席に座れたときには、折り畳んで体に引き寄せて置きましょう。

出掛ける時間帯への配慮

朝夕のラッシュ時に時折ベビーカーをみつけます。
周りの人の顔つきが変わります。
空いている時なら赤ちゃんの顔を見て微笑む人たちでも、自分自身に余裕のない時は難しいものかもしれません。
トラブルを誘発するようなことなく、利用する時間帯への配慮を心がけましょう

point緊急時やどうしても乗らなければいけない場合を除き、朝夕のラッシュ時は避けましょう。

ぐずった時、泣き出した時の配慮

 限られたスペース内で泣き出した時、あやしても泣き止まない時には、その場から離れて、まわりの方々への配慮を忘れないようにしましょう。
『赤ちゃんなんだから仕方ない』と自らが言ってはなりませんね。

子どもは、社会の宝です。
子育ては、社会の皆さんも一緒に育てる気持ちでおおらかに接して下さる社会が望まれますね。
そして、子育て中の方々は、そのような皆様に感謝しなるべく迷惑をかけないようにすることが大事です。
「お互い様」「慎みます」の気持ちで、お互いに想いを馳せ合うこと、お互いを受け入れ合うことが「恕学」のめざすマナーです。

混んだ電車の中で、赤ちゃんの屈託のない笑顔に思わず微笑む人の何と多いことでしょう。
そこから、会話の生まれることもしばしばあります。

「我がもの顔」は伝わります。
「謙虚な心」も伝わります。
次世代の子どもたちの子育てを社会で担いましょう。

マナーは何が良いか悪いかよりも、相手の身になる、相手のことに想いを馳せ合う、そして受け入れる寛大な心が大事です。

幼児とのお出かけマナーをチェック!

ママの言葉が分かるようになった時のお出かけポイントはコチラ

幼児の発達段階でのお出かけポイント!言葉でマナーを教えよう!

この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


薬剤師・漢方アドバイザー

山本 里佳


健康のお悩み一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 不妊鍼灸治療の効果とは?人気鍼灸師が教える治療の流れと注意点

    妊活中で鍼灸治療を試してみたいけれど、実際にどんな効果があるのかが気になるところ。 どのくらいの期間どんな治療をするのか、治療の注意点はあるのかなどを、「Sekimura鍼灸院」の院長である人気鍼灸師の関村順一さんが伝授! 失敗しない鍼灸院の選び方も要チェックです。

  • 【目の周りの乾燥対策】目元トラブルの原因とアンチエイジング法

    シワ、くま、くすみなど、女性の目元に関するトラブルの原因とは何なのでしょうか?目の周りに関するお悩みのきっかけとなる環境や生活習慣から予防・改善策までを紹介します。年齢より老けて見える目元悩みを改善し、アンチエイジングを目指しましょう。

  • 忙しい主婦の味方!宅配クリーニングの活用で時間と手間を節約

    ネットや電話で申し込むだけで、自宅に居ながら本格クリーニングを利用できる【宅配クリーニング】。 近所にクリーニング店がない方や、家族の衣類をまとめて出したい時などにも大活躍! 知らなきゃ損する便利なサービスの利用方法や活用術を紹介します。

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理