syufeel > お悩み一覧 > 健康のお悩み一覧 > 赤ちゃん、敏感肌でも安心!虫除けアロマスプレー手作り方法紹介

赤ちゃん、敏感肌でも安心!虫除けアロマスプレー手作り方法紹介

虫除け効果のあるアロマオイルは?

  • レモングラス
  • シトロネラ
  • レモンユーカリ
  • ラベンダー

このあたりの精油は虫除け効果が強く、虫除けアロマスプレーにおすすめです。

レモングラスとシトロネラとレモンユーカリには「シトロネラール」と言う忌避作用(虫が避けていく)香りの成分が入っており、この3つを使うと天然成分のみで良い香りの、虫除けアロマスプレーが作れます。

レモングラスとシトロネラはほとんど似た作用で、香りも変わらない為どちらかひとつでもOKです。

精油を使った虫除け方法

・小皿にアロマオイルを垂らして置く
・スプレーに入れて振りかける

簡単にできる虫除け方法はこの2種類。
特にお部屋で使用するのでしたら、原液を芳香させる方法がお手軽です。

小皿で芳香させる方法

小皿に盛った重曹大さじ2~3杯程度に、シトロネラ(orレモングラス)3滴、ラベンダー2滴を垂らして置いておくと、蚊はもちろんの事ゴキブリ対策にもオススメですよ。

また重曹だと風で飛んでしまわないかと、心配な場合は保冷剤を使用してみましょう。
保冷材は常温にもどすとジェル状になります。
開封し、小皿に中身を出して精油を垂らしてください。

使用場所
玄関や窓など、外部からの出入り口に設置すると効果的です。

アロマスプレー

網戸やカーテンに振り掛けて使用するとお部屋でも効果的ですが、この時期花火大会やバーベキューなど、アウトドアで使用する機会も多いはず!
今回は屋外でも使用可能な、アロマスプレーの作り方を詳しく紹介していきます。

アロマ虫除けスプレーの作り方

手作り虫除けスプレー
赤ちゃん・敏感肌・普通痛肌、それぞれに合った虫除けスプレーを作るのもいいですが、予算と時間や手間を考えるととても大変です。

そこでおすすめなのが、使用方法をちょっとずつ変えていく方法。
紹介する虫除けアロマスプレーは「普通肌」さん用レシピのご紹介です。
それをご家族全員でお使え頂けるようにしたいと思います。

用意するもの

〇30mlのスプレー容器
〇ビーカー
〇無水エタノール
〇精製水
〇混ぜるガラス棒など
〇精油
・レモングラス(orシトロネラどちらかでOK)
・レモンユーカリ
・ラベンダー

作り方

  1. ビーカーに無水エタノールを5mlいれる
  2. レモングラス(orシトロネラ)の精油を5滴、レモンユーカリ精油を5滴、ラベンダー精油を2滴いれてガラス棒でよく混ぜる
  3. 精製水を30mlのところまで入れる
  4. さらに良く混ぜて30mlのスプレー容器にいれて完成

上記は肌用スプレー(ボディスプレー)で、一番シンプルな作り方をご紹介しました。

ルームスプレーとして玄関や網戸にシュッと使用したい場合は、各精油を倍量いれてください。
仕上がりの量は一緒で、精油のみ量を増やす形です。

※ルームスプレー用に作ったものは、濃度が高いのでお肌にはつけないでくださいね。

使用方法

虫除けスプレーを使う画像

普通肌の方

お肌に直接ふりかけてOK。
手(うで)、足などご自分で虫(蚊)に刺されやすいと思う部分で大丈夫です。
ただし、お顔は避けた方が良いです。

汗ばんでいたら、汗を拭いてからふりかけるのがオススメです。
虫(ここでは蚊ということで)は汗と湿り気を好みますので、しっかり拭いてからかけましょう。
持続性もアップします。

赤ちゃん、敏感肌さん

生理前後、妊娠中でで肌が敏感になっている方、体調がイマイチすぐれない方、皮膚が弱くて心配な方にもおすすめです。

直接肌にふりかけず、帽子のつば、洋服、ベビーカー、くつ、バック、などにかけましょう。
香りに忌避作用(虫が嫌がる香り)があるのでこの方法でもOKです。

直接肌につけるよりも若干作用はダウンしますが、肌がかぶれる心配がないのでこちらをお勧めします。

3歳未満のお子さんには、アロマ製品が直接肌に触れることはなるべくひかえた方が良いです。
しかし、絶対にダメということはないので、ご家族のご判断で使用してください。

市販のスプレーで肌がかぶれたという方も、この方法ならば安心して使えるかと思います。
お試しくださいね。

効果を持続させるためには?

どうしても天然成分だけなので、市販の強い成分のものに比べると効果が下がります。
状況にもよりますが1時間くらいで効果は薄れるので1時間程度を目安に汗を拭き、付け直しましょう。
空気中にスプレーしたりするのも効果的です。

注意すること

使用期限

作ってから1か月を目安に使いきってください。
保存料や防腐剤が入っていないのでできたら早目に使い切ることがオススメです。

保管方法

直射日光を避けた冷暗所がベスト。
冷蔵庫に入れなくてもいいですがなるべく涼しいところで保管してください。
よくありがちなのが、お出かけの際に持って行って車に置き忘れて放置することです。
夏の車内はかなりの高温になりますので、注意してくださいね。

もともと、精油は常温使用が好ましく、それ自体の温度が上がりすぎると劣化します。
よって、劣化したものは本来の作用(効果)も減退してしまうのです。

使用上の注意点

使用する前に必ず、良く振ってから使いましょう。
お肌に合うか心配な方は、腕の柔らかい部分につけてみて、ピリピリしたりしないか確認してみてください。

特に夏場は気温によって体調も変化しやすいですし、日差しで日焼けをしてしまった肌が敏感になっている場合があるので気を付けましょう。
その際は、敏感肌用の使用方法でお願いいたします。

使用期限や過ぎてしまったり、車に置きっぱなしにしてしまった場合は、オイルがかなり劣化しています。
肌につけずにルームスプレーとして、玄関や網戸など空気中に使用して早目に使い切りましょう。

ペット(犬)への使用

賛否両論あります。
ペット用虫除けスプレーもあるので基本的には大丈夫なのですが、アロマ嫌いなわんちゃんもいるようで、個体差があります。
アロマが大丈夫でも、わんちゃんによって香りの好みがあるみたいなので、飼い主さんの判断で使用してください。

安全でオススメな使用方法は、直接つけずにルームスプレーとして空気中に使ってみることが一番です。

どんな虫にも効くの?

虫除けと言ったら「蚊」を想像する方がほとんどですよね。
もちろん「蚊」を意識した配合をご紹介しましたが、今回のスプレーにはラベンダー精油が含まれています。

実は、このラベンダーにはゴキブリを寄せつけない作用が!

また、コバエもこのレシピで大丈夫なので、シンプルですが万能に使えるアロマスプレーです。

デング熱対策への効果

虫除けスプレーを使う親子
年々「蚊」も強力になっています。
また昨年は代々木公園で発生した「デング熱」の件もあり、より一層身体をまもらなければと思う状況です。

その観点から申し上げますと、やはりアロマは天然成分であり、人工的に作られた化学成分には効果効能は劣ります。
市販の化学成分の虫除けに入っている「ディート」にはかないません。

ただこの「ディート」には、肌荒れや連続摂取では神経毒性など人体に影響をおよぼす場合もまれにあるという、研究結果も。
小さなお子さんには少々危険かもしれませんが「デング熱」から身を守るには少量つけた方がいい場合があります。

アロマスプレーは天然成分です。
天然の香りから、心や身体へ緩やかに作用する特性なので、いくら忌避作用といっても確実に虫を避けられるわけではありません。

アロマスプレーで予防しつつもこまめに汗を拭いたり、着替えをしたりして蚊の好む状態を作らない様にすること。
また、火の元に注意して蚊取り線香をたくなど、いくつか複合的なケアが必要です。

市販のスプレーとも上手く付き合って、いい香りを楽しみながらアロマスプレーも使用する。
そのくらいの柔軟な考え方をしていって欲しいと思っています。

まとめ

天然の香りを存分に生かした虫除けアロマスプレーは、作用だけじゃなく心のゆとりや安らぎを一緒に与えてくれるものだと思います。
作る時間、使用する時間、香りを楽しむ時間を大切にしてみて下さいね。

親子で乾燥肌にお悩みの方におすすめ

赤ちゃんにも安心の素材で肌の保湿をしたい方はコチラ

赤ちゃんの乾燥肌・湿疹対策!カサカサを解消するおすすめハーブ

この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 花粉症で肌荒れに!原因と対策をスキンケアのプロが教えます!

    花粉症の症状は鼻炎・目のかゆみとともに肌にも影響を与えることも!マスクによる擦れや花粉が直接肌に影響を与えるメカニズムと毎日のスキンケアで出来る対策方法・ひどくなった場合の応急処置についてスキンケアのプロが解説!肌トラブルを防ぎながらキレイな肌を手に入れましょう!

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

  • 子供乗せ自転車 安全性
    子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

    子供乗せ自転車を危険な乗り物にしないため、安全性の高い乗り方や自転車選びのポイントを伝授。 ママならしっておくべき子供乗せ自転車の交通ルールもしっかりチェック! さらに、安全基準をクリアしている自転車の見分け方や人気のメーカーも紹介します。

  • 花粉症特集記事
    プロ5人が教える花粉アレルギー対策!時期を狙って花粉症を回避

    花粉の飛散によって起こるアレルギー症状の対策ポイントについて、漢方・アロマ・スキンケア・メイク・掃除のプロフェッショナル5人に聞いてみました!体の中からや、外から出来る対策方法を紹介しています。自分の症状や悩みに合った解決策を見つけたい方必見です!

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理