syufeel > お悩み一覧 > 子育てのお悩み > 【幼児の英語教育】今すぐ自宅でスタート!親子で楽しく学ぶ方法

【幼児の英語教育】今すぐ自宅でスタート!親子で楽しく学ぶ方法

幼児 英語教育

幼児から英語を学ぶ必要性

小学校では英語が必須科目に

文部科学省は、今まで小学5年生から行われていた「外国語活動」を、2020年度より小学3年生からの開始に変更することを発表しました。
「外国語活動」とは、「話す」「聞く」をメインとした英語に親しむための授業でグローバル化に対応するための英語教育改革。

スポンサーリンク

グローバル化が進み国境を越えた関わりが活発になる中で、国際的共通語である英語を使わなければいけない機会はますます増えていくと考えられます。
そこで、これまで学校の授業だけでは身につけられなかった、実践的な「使える英語」の習得を目標として英語教育の早期化を行うこととなったのです。

私立教育機関「イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)」が2016年に発表した、ネイティブでない国での英語能力ランキングによると、日本人の英語力は72ヶ国中、なんと35位という結果でした。

日本は先進国であり国際的な交流が多いにも関わらず、国民の英語力は乏しいことがわかります。
今後、日本人がグローバル社会で外国人と言葉の壁なくコミュニケーションを図るためには、幼児期から英語力を習得することが重要となります。
参照元:EF EPI (英語能力指数) – 英語力から見る国別総合ランキング

日本の学校の英語教育はインプット型

今までの日本の英語教育は、「インプット型」という読み書きなどの文法力を高め知識を増やし選択肢から答えを導く受け身の学習法で、英語を話すという「アウトプット型」の不足が最大の問題点。
この実践的な「アウトプット型」の学習法がなければ、英語を積極的に使う機会が減り英語力の向上にはつながりません。

そのためこれまでの学習方法に加え、「アウトプット型」の学習方法も早期に取り入れることが望ましくなります。
実践的な英語を使えるようになるために、幼児期から英語教育を始めて授業より先に英語に慣れておきましょう。

幼児期から英語を学ぶメリット

幼児から学ぶメリット
グローバル化が進む中で英語教育は幼児期からが良いのか、小学校の授業だけで良いのかと悩む親もいます。
そこで小学校での授業が始まる前から、英語に触れておくメリットを紹介します。

吸収も発達も早い

幼児期は、いきなり言葉を発するようになるなど言語能力の発達がめぼしく、また脳の成長が著しいので聞いた言葉はすぐに覚えることができるのが特長。
幼児は生まれてから周囲の人が話す言語を聞くことによって耳が形成され、その言語を聞き取れ話せるようになります。

言語にはそれぞれの周波数があり、日本語の比較的低い周波数に対して英語ははるかに高い周波数なので、英語に慣れていない人にはこの高い周波数が聞き取りづらくなります。

0歳から3歳の間は「耳の黄金期」といわれ、様々な音声を吸収し、聞き取れる言語の能力に大きく影響がある耳の急激な成長期。
この黄金期を過ぎると耳が聞き取る音の範囲が固定化されていき、成長につれだんだん母国語と周波数が違った言語の聞き取りや発音に大変苦労していくので、幼児期から英語に触れることは英語を聞き取れる耳を形成するチャンスです。

また幼児期から耳が英語に慣れていると脳の働きによってヒアリング力が著しく発達し、日本人にとって聞き取りづらい「L」と「R」などの発音や識別ができるという効果への期待も。

楽しみながら学べる

大きくなってから始める英語の勉強は机に向かって単語を詰め込んだり参考書を読みながら文法を学んだりと、堅苦しく嫌になってしまう可能性があります。
この学び方は英語を楽しいものとしてではなく、勉強と考えているので英語が嫌いになり継続できなくなるケースもあります。

英語の学習は継続しないと習得できないので、英語が嫌いになってしまうような学習法ではせっかく英語学習を早期開始しても身に付かないままということも。
幼児期からその子にあった勉強法をみつけて、楽しみも取り入れ実践的に学んでいると、「使える英語」の習得の可能性が上がるだけでなく、就学してからも授業で楽しく英語を学び続けることができます。

【年齢別】英語を学ぶ方法

子供の成長は早く、それにあわせた様々な学習法があります。
そこで、就学前の幼児の年齢別に親子での英語学習法をいくつか紹介します。

0歳~言葉を話し始めるまで

英語に触れる

英語を聞かせよう

言葉を話し始めるまでの幼児は耳が柔軟で聞く言葉を素早く吸収するので、普段から英語をよく聞くことでヒアリング力が発達し、ネイティブレベルに発音を区別できるようになる可能性も期待できます。
オススメの方法は以下の3つを流すことです。

  • 英語のお話
  • 歌のCD
  • 子供の好きなアニメや映画の英語版DVD

ワシントン大学で学習脳科学研究所所長を務めているパトリシア・クール氏によると、赤ちゃんはCDやDVDなどから流れてくる言葉よりも人から発される言葉を理解しようとするそうです。

DVDを流しっぱなしにして英語を吸収させるのではなく、親が英語が苦手であっても横に寄り添って一緒に見聞きして、コミュニケーションをとりながら共に学び英語に触れる機会を増やしましょう。

例えば、聞こえた単語を親が繰り返したり、絵本を読み聞かせたり、音の鳴る英語のおもちゃで一緒に遊ぶと良いでしょう。

アルファベットに触れ始めよう

アルファベットは覚えやすい形でひらがなよりも数が少ないので、比較的早い段階で判別することができます。
この時期からアルファベットが書いてあるおもちゃや絵本を使って、単語にも触れて英語の音も覚えながら、一緒に遊んでアルファベットとはどういうものか理解させましょう。

時間をきちんと決めよう

この時期の幼児は日本語力が発達途中なので、英語ばかりを学んでいては母国語である日本語習得が遅くなる可能性も。
まずは、英語を聞く時間を決めメリハリをつけることが大切です。
また、ひらがなも覚える時間が必要なので、アルファベットを覚える時間と区切りをつけましょう。

言葉を話し始めてから~4歳

遊んで学ぶ

アルファベットを覚え始めよう

言葉を話せるようになって英単語の音をある程度覚えた後は、その単語の表記とアルファベットを覚え始めましょう。
以下のように楽しくアルファベットを覚える様々な方法があるので、自分の子供に合った覚え方を選べます。

  • フラッシュカードを使う
  • 親が一緒になぞって書く練習をする
  • 部屋やお風呂に子供の好みのデザインのアルファベットの表を飾る
  • ABCの歌を一緒に歌う

この他に名前や好きなもののつづりを教えてあげれば、書くのをより楽しみ覚えやすいというケースもあります。

絵本の読み聞かせをしよう

子供のレベルアップに合わせて、だんだん長く新しい単語が多く出てくる絵本を読み聞かせるなどレベルアップさせましょう。

絵本には様々な仕掛けやカラフルなデザインのものがあり、楽しく読み進めることができます。
それだけでなく、聞いた英単語のスペルをすぐ見ることができるので、同時に吸収でき英語を覚えやすくより親しみやすいものにしてくれます。

また何度も繰り返し読み続けることで英語のフレーズを知り覚えることができます。

読み聞かせは親子のコミュニケーションの時間が取れるうえに、たとえ親が英語が苦手でも日本語と英語の両方で書いてある絵本を選べば、無理せず子供と一緒に英語を学べます。

歌を一緒に歌おう

歌には覚えた単語だけでなく知らない単語もたくさん出てくるので、一緒に繰り返し歌ううちに新しい単語を覚えることができます。
またネイティブスピーカーの発音を聞くことで、正しい発音で覚え真似することができるという可能性もあります。
知っている単語が増えると聞こえてくる単語の意味がわかるので、リスニング力アップにも。

子供がよく歌っている童謡や好きな歌の英語版を聞かせて、メロディーを知っているので親も一緒に歌いながら日常会話でも使われる英単語をよりたくさん知りましょう。

4歳~6歳

話して学ぶ

コミュニケーションの機会を増やそう

自分の意思を伝えることができる時期でもあるので、英語でのコミュニケーションの機会を増やしましょう。
せっかくずっと学んできて英語を聞き分ける耳を手に入れても、英語を使う機会がなければ子供の英語力はどんどん衰えていきます。

そこで家族で英語しか話さない時間を決め、「英語も必要なんだ」という意識付けが大事。
親の英語が完璧でなくても、上手く話せるかどうかなども気にせず挑戦してみましょう。

またオンライン英会話や英会話スクールなどに通わせて、正しい発音での会話の機会を与えることもできます。
子供の英語力向上や継続して学ぶためのやる気の維持にとって、英語を使ってコミュニケーションを取る機会は必要になります。

英語のみの教材は避けよう

聞かせるだけや見せるだけなどの教え方では聞き取れず、わからない単語が出てくると飽きて見続けることが苦痛になってしまう可能性も。

日本語が母国語と確立されしっかり理解できるようになってるので、日本語の解説付きの教材を使う方が、子供も理解したうえでわかる単語の数も増やせるので効果的です。
学ぶことに飽きてせっかく得た英語力を失わないためにも、子供が英語嫌いにならないように努めましょう。

英語嫌いにならないようにしよう

言葉が理解できず子供が飽きてしまうなど、英語の授業が必須になる就学前から、英語に対してネガティブなイメージがついてしまうのは避けるべきです。
この時期にすべきことは、堅苦しい英語の勉強ではなく、楽しく理解を深めていき就学してからも「もっと英語を学びたい」と思えるようにすること。

英語が嫌なまま続けると子供のストレスになり今後のやる気が損なわれてしまうので、親はもちろん子供が楽しんでできる学習法を見つけましょう。

子供が英語を学び続けるコツ

継続して学ぶコツ
第一は、子供が英語を学ぶことは楽しいと思うようになることです。
そのためにも他のママ友が教えているからなどという義務感で英語学習を始めたりせず、子供のことを考えてストレスにならない程度で一緒に楽しく学習し続けましょう。

継続させるために、子供の性格や環境を考慮し好きなことと英語を兼ね合わせましょう。
本人の興味関心ややる気につなげるには、その子に合う学習法を見つけて工夫することが必要。
興味関心ややる気があれば子供は自発的に学び続け、やる気を失うと英語力習得の可能性は下がってしまいます。

また、英語力を身につけることができれば英語を話すことに対する躊躇がなくなることも。
躊躇がなくなれば外国人とも臆さず話せるようになり異文化の知識を増やせ英語力の向上につながります。

英語を幼児期から学ぶ注意点

二つの注意点
幼児からの英語教育を無理せず継続させ成功するために、注意しなければならない点を紹介します。

費用面

自宅で英語を楽しく学べるとはいえ、そのためにはCDやDVDや絵本などの教材代がかかってしまいます。
また外国人講師から生の英語を教わりたいという場合は、英会話スクールやオンライン英会話に通わせるという方法もありますが、レッスン代のことを考えなければいけません。

子供に合った学習法を見つけることが大切ですが、家計と相談しながら親も子供も無理せずストレスなくコツコツゆっくりでも学び続けましょう。

スポンサーリンク

日本の文化も大事!

たとえ英語を流暢に話せるようになっても、日本で成長していくうえで日本語を正しく使い意思疎通できないと意味がありません。
そのため日本語を学ぶ時間もしっかりと取りメリハリをつけ、母国語と外国語を同時に教えるという環境を作りましょう。

英語力の習得はもちろん子供の将来を考えると必要なスキルになりますが、まずは母国語と母国について理解する必要があります。
例えば、子供が将来留学するとして海外で日本文化について尋ねられても、答えられなければ母国の文化を発信できずがっかりされてしまうことも。

英語力が高い子供を将来世界で活躍するグローバル人材として成長させたいとしても、日本人としてのアイデンティティーをしっかり持ち、日本の文化や魅力を語れるように教育することも大事です。
そのため英語を教えるとともに、日本語もしっかり学び母国の魅力を海外の人に話せるぐらい深く理解させましょう。

代表的な親子で英語を楽しむ学習法を紹介してきましたが、家族で相談して子供の性格や家庭の環境にとって良いと思った方法で学ぶのが1番。
様々な情報を参考にしながら家族で楽しめる学習法をぜひ見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • 花粉症 食べ物
    【栄養士直伝!】花粉症対策に効果的な食べ物&悪化させる食品

    花粉症の症状緩和が期待できる食べ物と悪化させる食べ物を栄養士が指南!発症のメカニズムから食事療法で効果的な成分までをも紹介します。 花粉症対策として取り入れたい食品と飲み物の具体例をチェックして、日常食生活に賢く摂り入れましょう。

  • 忙しい主婦の味方!宅配クリーニングの活用で時間と手間を節約

    ネットや電話で申し込むだけで、自宅に居ながら本格クリーニングを利用できる【宅配クリーニング】。 近所にクリーニング店がない方や、家族の衣類をまとめて出したい時などにも大活躍! 知らなきゃ損する便利なサービスの利用方法や活用術を紹介します。

  • 花粉症で肌荒れに!原因と対策をスキンケアのプロが教えます!

    花粉症の症状は鼻炎・目のかゆみとともに肌にも影響を与えることも!マスクによる擦れや花粉が直接肌に影響を与えるメカニズムと毎日のスキンケアで出来る対策方法・ひどくなった場合の応急処置についてスキンケアのプロが解説!肌トラブルを防ぎながらキレイな肌を手に入れましょう!

  • ランドセル 人気
    【ランドセルの人気傾向】選び方や比較ポイントを徹底チェック!

    多種多彩なランドセルが販売される中でどんな色やデザイン、ブランド、素材が人気なのかを解説! ランドセル選びの基本や比較したい内容、失敗しないためのチェックポイントまでを紹介します。 購入時期の目安情報を参考に、早速ランドセル選びを始めましょう!

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理