syufeel > 記事一覧 > 子育て > 子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

子供乗せ自転車 安全性

子供乗せ自転車は危険な乗り物!?

子供乗せ自転車は子育てに忙しいママにとって必需品です。
しかし、一人乗り自転車よりも慎重に運転しないと大きな事故に繋がってしまいます。

スポンサーリンク

例えば、自転車に子どもと買い物の荷物を同時に乗せるとかなり重くなってブレーキが効きにくくなり、スピードを出しすぎるとすぐには止まれなくなってしまいます。
小さな子どもはじっとしていられないので、予想外の行動をしてヒヤッとする場面も少なくありません。

起こりやすい事故

自転車の走行中は周囲に気を配っていても、止まると気が緩み事故を起こしやすくなります。
駐輪場などで方向転換をしている時の転倒や、子どもを乗せたまま自転車を離れて風にあおられての転倒など、停止中の事故は以外に多いもの。
信号待ちで止まったら子どもが暴れて周囲の人にぶつかってしまったということもあるので、走行中以外にも注意が必要です。

自転車の交通ルールを確認しよう

自転車のルール

注意してほしいのは、自転車の交通規制は都道府県によって違うということ。
自分が住んでいる都道府県の自転車ルールはどうなっているのか、必ず確認しておきましょう。
ここでは、東京と大阪の子供乗せ規制がどうなっているのかを紹介します。

東京都の場合

一般の一人乗り自転車の場合

  • 16歳以上が運転する一人乗り自転車にチャイルドシートを付けて幼児を1人乗せられる
  • さらにおんぶ紐で幼児1人を背負って乗せられる

幼児2人用自転車の場合

  • 16歳以上が運転する幼児2人を乗せるための自転車に幼児2人を乗せられる
  • 幼児2人を乗せてさらにおんぶで運転はできない

大阪府の場合

  • 16歳以上が運転し6歳未満の幼児1人を幼児用座席に乗せられる
  • 16歳以上の運転者が幼児2人を幼児2人同乗用自転車に乗せられる
  • 4歳未満の幼児を16歳以上の運転者が確実におんぶする場合は運転できる(ただし幼児2人を乗せた場合を除く)

一部の事例ですが、どちらも2人同乗基準適合車で前後に子ども2人を乗せると、おんぶでさらに一人乗せることはできません。
一般の自転車に後付けで幼児2人乗りにすることも違反になります。
道路交通法では子供乗せ自転車は子どもを乗せられるのは2人まで、最大3人乗りが限度ということを知っておきましょう。

参照元:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/rule.html
https://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/jitensha/jitensya06_1.html

子供の安全を守ろう

危険な乗り方

抱っこ紐での運転はOK?

抱っこ紐で子どもをだっこしながらの自転車運転は禁止されています。
抱っこで運転すると赤ちゃんの足が引っかかったり、のけぞりなどでバランスを崩しやすくなったりするため危険です。

おんぶ紐での乗用は認められているので、赤ちゃんと一緒に自転車に乗る時にはおんぶ紐を活用しましょう。
この時、おんぶ紐が緩まないようにしっかり締めるのがポイント。自転車に乗るときは普段のおんぶよりも気をつけなければいけません。
抜け落ちからの落下事故や暴れたときに周囲にぶつかる危険もあるので充分気をつけましょう。

子どもを持たない人からは、おんぶ紐での運転に否定的な意見が多いという現状もあります。
どうしてもおんぶで乗らなければならない時は時間に余裕を持ち、狭い場所は降りるなど、無理な運転はしないようにしましょう。

ヘルメットは着用必須

雨の日の乗り方

自転車に子どもを乗せていて転倒した場合、子どもが怪我する確率は頭部が70%以上です。
ベルトで固定されている子どもは受身を取れないので、必ず頭を守るための幼児用ヘルメットを着用させましょう。
ヘルメットを嫌がる場合はお気に入りのシールを貼るなど、子どもが被りたくなる工夫をして毎回被る習慣を付けさせるようにしてください。
参照元:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110922_1.pdf

雨の日は親子でレインコート

雨の日でも自転車に乗らなければならない場合、「ちょっとだけならいいかな・・・」などと考え、傘をさして乗ってしまうと大事故に繋がりかねません。
そもそも傘差し運転は交通違反です。
5万円以下の罰金が科せられる上に、ハンドル操作が思うようにできなくなる危険な行為となるので絶対にやめましょう。

雨が降っている時は、面倒でも子どもと一緒にママもレインコートを着るようにしてください。
「寒い季節は子どもが風邪を引いてしまいそうで心配」という場合は、レインカバーがおすすめです。
チャイルドシートをすっぽり包むので子どもが濡れる心配もなく、寒い日や風が強い日にも重宝します。

自転車の安全基準をチェック

BAAマーク

子ども乗せ自転車なら何でもいいわけではありません。きちんと安全基準を満たしている自転車が安心です。
自転車協会が発行する「BAAマーク」は、厳しい検査を通過した製品だけに付いているので、ひとつの安全基準の目安にしてください。

同様に基準をクリアした幼児2人乗り自転車には、BAAマークの下に「幼児2人同乗基準適合車」のシールが追加されます。
幼児2人と運転者である自分自身、さらに荷物を乗せると総重量は100㎏になることも。
それだけの重量を支えて走るのですから、しっかりした製品でないと毎日使えません。
ネットで買える安価な自転車は基準を満たしていない場合があるので、適合マークを確認してから購入しましょう。

チャイルドシートは前乗せ?後ろ乗せ?

子供を乗せるためのチャイルドシートには、前乗せタイプと後ろ乗せタイプがあります。
子供の年齢や人数に合わせて選びましょう。

前乗せタイプ

1人で座ることが可能な1歳~3歳頃、体重15キロまで使えます。

前に子どもがいるので目が届きやすく、乗ったまま寝てしまっても見えるので安心です。
子供乗せ専用の自転車ならハンドルの前にシートが付くので、足に当たることなく運転できて快適なのもうれしいところ。
お子様の成長に合わせてフットレストを伸ばせるものなら、足が飛び出す心配がありません。

後付けタイプは子どもが大きくなると視界に頭が入るので、前方が見えにくくなります。
さらに体重が重くなると、ハンドルが取られてしまうので危険です。

後ろ乗せタイプ(リアシートタイプ)

リアシートタイプ

後ろ乗せチャイルドシートは運転中に見えないので、じっと座れる2歳~6歳頃まで使えます。

走行時の安定感があるのでフラつきにくく安心感があります。
寝てしまうと首が垂れたりして危険なので、ヘッドレスト付きが安心。フットレストや巻き込み防止ステップなどがきちんと付いているものがおすすめです。

後付けの場合も適合車かを確認

じっとできない1歳半前後の子どもを乗せるなら前向きがベスト。
今ある自転車を活用するなら、前・後ろ両方に後付けタイプがあります。
子ども乗せ自転車を買う必要性がない場合や、オシャレな自転車に乗りたいという人におすすめです。

ただし、チャイルドシートを普通の自転車に後付けする場合、JIS規格で最大積載量が27キロまたは25キロの荷台が付いているものと決められています。
またタイヤが22インチ以上ないとステップが引っかかることがあります。
参照元:https://www.bscycle.co.jp/topnews/childseat25-2.html

子供乗せ自転車を選ぶポイント

選ぶポイント

子どもを乗せて楽々走れる電動アシスト付き自転車や、車輪が小さく乗せ降りが楽なものなど、さまざまな種類のものがあります。
どれがいいかは住環境や使用頻度、子どもの年齢などで変わってきます。
坂道が多い場所に住んでいるなら電動、子どもは一人しか乗せないから充電の手間がないものが良いなど、人によって選ぶ基準はいろいろ。
自分の使い方にマッチする機種を選びましょう。

車輪サイズの確認

20インチ

車輪が小さいので車高が低く、走行時にふらつかずに子どもを乗せやすいところがメリット。
子どもを乗せたときに安定はするものの、回転数がどうしても増えるためタイヤの減りが早くなる傾向があるのがデメリットといえます。
都市部の駐輪場では他の自転車とタイヤが違うので使えないこともありますが、前乗せタイプを選ぶなら20インチがおすすめです。

26インチ

車輪が大きいので加速しやすく、漕ぐ回数が減るというメリットがあります。
子どもが大きくなっても普通自転車として使えるので、用途が広がります。
背の高いママや夫と自転車をシェアする家庭は26インチがおすすめです。

電動にする?しない?

電動自転車

電動アシスト自転車は少ない力でスイスイ走り、体力をあまり使わなくても長距離を走れるので選択する人も多くなっています。
坂道を必ず走る、子どもを2人乗せて走ることが多いという人は、電動にした方がいいでしょう。

しかし、充電が切れると重くなってしまい、押して歩くのも困難になります。
自転車自体の重量があるので、倒してしまった時に起こせないことも。さらに、価格は一般の自転車よりも高額になるケースも少なくありません。
それでも重い子どもを乗せて走るものなので、毎日の負担を少しでも減らしたいという人にはおすすめです。

スポンサーリンク

あると安心な機能

子ども乗せ専用自転車でなくても取り入れると便利な機能が、「両立スタンド」です。
片側スタンドでは子どもが動くだけで簡単に倒れてしまうため、しっかり止まるスタンドは必須です。

停車した時にハンドルを固定する、「ハンドルロック」もあると安心な機能。
モデルによっては、スタンドを立てた際に同時にハンドルロックがかかるものもあるので、手間が省けて快適になります。
また安全に発進するために、「変速機」があると便利です。

おすすめの自転車メーカー

メーカー選び

子どもと楽しく出かけるためにも、必要な装備がしっかり整っている自転車を選ぶのがベスト。
育児中の母親に支持されている自転車は、安全性に優れていて軽快に走ることができ、アフターフォローもしっかししている安全性の高いものです。
ここでは、その中でも特に人気の3つの自転車メーカーを紹介します。

ブリヂストン

電動アシストでは、ハイディツーとビッケ、電動なしはユービツーとビッケのラインナップがあります。
20インチを選びたい場合、選択肢は必然的にビッケになります。
ビッケはお洒落なフォルムなのでママに人気の機種。ハイディも雑誌コラボラインが発売されるなど機能も見た目も妥協したくない人におすすめです。

パナソニック

パナソニックのこども乗せ自転車は、電動アシスト自転車のギュットシリーズのみ。
他のメーカーと違うのは、タイヤサイズが22インチというところ。子どもの乗り降りしやすさと、パパとのシェアを両立できるサイズなので用途が広がります。
チャイルドシートカバーをカスタマイズできるなど、細かい気配りもうれしいポイント。

ヤマハ

新製品の電動アシスト自転車パスキッス ウムは、前乗せシートが画期的。
子どもの足先から腰まですっぽり覆うシェル状なので、安心感のある商品です。
乗せ降りも工夫されていて、足元をガバっと開く形は上から持ち上げるしかなかった従来品と比べてかなり改良されています。
車輪も20インチと小型なので、背の低いママにちょうどいい自転車です。

  • まりな

    まりな

  • 2012年3月、2014年3月、2016年1月生まれ3姉妹のママをしています。
    やんちゃな子どもたちに振り回されながら日々子育てと仕事にフル活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル


スキンケアカウンセラー

松原好克


美容のお悩み一覧へ

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理