syufeel > お悩み一覧 > 子育てのお悩み一覧 > 子供の紫外線対策をしよう!効果的な服装や日焼け止めの選び方

子供の紫外線対策をしよう!効果的な服装や日焼け止めの選び方

紫外線対策をする時期はいつ?

紫外線が強い季節の夏だけ紫外線対策をしていればいいと思っていませんか?
実は、紫外線はピークが夏というだけで、実は春から秋の間ずっと私たちに降り注いでいます。
なので、夏以外でも紫外線対策は必要なのです。

紫外線は日光の中に含まれていて、特に私たちの肌にダメージを与える光線のこと。
光老化を引き起こしたり、炎症の原因になったりするケースもあります。
つまり、紫外線を浴びると肌が日焼けしてしまうのはもちろん、皮膚にダメージを与えてシミや皮膚がんの原因になってしまうのです。
気づかないうちに紫外線をたくさん浴びてしまったことで、健康被害が起きてしまわないように春のうちから気をつけましょう。
特に、自分で紫外線対策をしない子供たちほど注意が必要になります。

スポンサーリンク

子供の紫外線対策が必要な理由

s044_紫外線対策シミや皮膚がんと聞くと、大人の症状だと思っている方がいます。
しかし、紫外線は年齢に関係なく、赤ちゃんや子供にも影響を及ぼしています。

子供時代は成長に伴う細胞分裂がとても激しく、大人よりも外界からの影響に敏感です。
そのため、紫外線の影響も大人より大きく受けてしまいます。
特に子供時代の日焼けは大人になってからの皮膚がんの可能性を高めるだけではなく、目へダメージを与えるため白内障の原因になることが分かっています。
さらに、大量の紫外線を浴びてしまうことで、免疫系の機能低下の理由にもなります。

子供のうちは紫外線を浴びても肌荒れを起こさないことが、日焼けをしても気にしない原因のひとつにあります。
しかし、肌は綺麗でもダメージが内側に蓄積されていき、大人になってから重大な病気を発症する可能性を高めてしまうのです。
多くの人がそれを知らずに、18歳までに一生のうち浴びる大半の紫外線を浴びてしまっているのが現状です。
夏になると小麦色の肌をした子供を見かけることがありますが、子供にこそ紫外線対策が必要だということを母親たちが自覚しておかなければいけません。
秋になれば肌の色が元に戻るからといって、皮膚がダメージを受けていないわけではないのです。

赤ちゃんの紫外線対策

外で走り回ることがない赤ちゃんには、紫外線対策は必要ないと思う方もいます。
けれど、ベビーカーでの外出や母親に抱っこされてのお散歩など、外に出る時には常に紫外線の危険にさらされています。
まだ肌が弱い時期だからこそ、UVケアに気をつけることが必要です。
自分でUVケアができるような年齢になるまで、母親が代わりに紫外線対策をしてあげましょう。

スポンサーリンク

どういう対策をすればいいの?

s044_ママができることって?赤ちゃんと子供の日焼けの原因は、UVケア不足にあります。
子どもは日焼けが気にならないから日焼け止めを塗らず、邪魔だから帽子をかぶりたがりません。
もちろん、UVカット対応の服を着るという発想もありません。
けれど、何もしないままだと危険なので、母親が代わりに対策を取る必要があります。
大切な子供の健康を守るための注意点や対策グッズをご紹介します。

服装の注意点

子供が外出する時には、なるべくつばの広い帽子をかぶることが大切になってきます。
あご紐できちんと止めることができるタイプ、首周りまで覆ってくれるタイプの帽子がおすすめです。

服装としては、できるだけ長袖を着せてあげましょう。
UVカット対応の素材でできた服ならより安心です。
夏になって暑く感じるようになったら半袖になるのは仕方ないので、その際は露出している腕や足にしっかり日焼け止めを塗るようにしてください。
赤ちゃんには、UVカット対応のポンチョをはおらせてあげれば体温調節がしやすくなります。

また、散歩へ行くときには日傘を使用するのも有効です。
一緒に歩く場合には、子供も日傘の中に入れてあげましょう。

日焼け止めの選び方

赤ちゃんや子供の肌はとても敏感なので、あまり強い日焼け止めは向いていません。
効果が高いからといってSPFの値が高いものを選ぶのではなく、きちんと子供用に作られている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

子供用の日焼け止めは、敏感肌の女性でも使えるくらい低刺激になっているので安心です。
そして最初に腕の内側につけてみて、肌荒れを起こさないかチェックしてから顔や腕に塗るようにしてください。

amazonで購入できます↓
ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV<45g>


ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV<45g>
お湯で洗い流せる、赤ちゃん・子供用の日焼け止め。
乳液タイプなのでみずみずしく、肌に伸ばしやすいのがポイント。
小児科医の指導の元、赤ちゃんから6歳までの幅広い年齢の子供を対象として作られています。
SPF25 /PA++、紫外線吸収剤フリー。
容量:45g
価格:3,240円

サングラスの選び方

最近では、子供用のサングラスを販売しているメーカーも多くあります。
日常生活では目立ってしまうため、サングラスをかけさせるのをためらうかもしれませんが、海に遊びに行くなど強い紫外線を受けそうな時には必ずかけさせるようにしてください。
目に紫外線ダメージが蓄積することを防げば、将来の白内障のリスクが低くなります。
サングラスは、しっかり子供の顔にフィットするサイズを選ぶことが重要です。

amazonで購入できます↓
RIVBOS(リバッズ)キッズ子供用サングラス
偏光レンズで紫外線とまぶしい光を有効的に防いでくれる100%UVカットのサングラスです。
フレームにはゴムを採用しているので、やわらかく折り曲げても壊れにくい設計。
色やデザインもたくさんのバリエーションがあるので、かわいく元気に遊ぶキッズにピッタリの商品です!
価格:4,500 円
この記事が参考になったら、シェアをお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

今週のピックアッププロフェッショナル

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。

プロフェッショナル募集


専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。
記事掲載は無料です。

ピックアップ記事

葉酸サプリメント

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

妊娠前から妊娠中の女性必見!今注目の【葉酸サプリ】の選び方を最も大切だと感じる5つのポイントに絞って紹介。妊活中や子育て中の主婦が実際にサプリメントを購入して比較してみました!赤ちゃんはもちろんの事自分自身の為にも、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめ記事

  • ランドセル 人気
    【ランドセルの人気傾向】選び方や比較ポイントを徹底チェック!

    多種多彩なランドセルが販売される中でどんな色やデザイン、ブランド、素材が人気なのかを解説! ランドセル選びの基本や比較したい内容、失敗しないためのチェックポイントまでを紹介します。 購入時期の目安情報を参考に、早速ランドセル選びを始めましょう!

  • 子供乗せ自転車 安全性
    子供乗せ自転車の安全性をチェック!ママ必見の基礎知識と選び方

    子供乗せ自転車を危険な乗り物にしないため、安全性の高い乗り方や自転車選びのポイントを伝授。 ママならしっておくべき子供乗せ自転車の交通ルールもしっかりチェック! さらに、安全基準をクリアしている自転車の見分け方や人気のメーカーも紹介します。

  • 中学受験での母親の役割とは?子供のサポート方法を専門家が伝授

    母親として、子供の中学受験にどのように関わればいいのか悩むところ。 どのようにサポートすればいいのか、受験を成功させる母親と失敗させる母親の違いはどこにあるのかについて、中学受験のプロである小川大介先生が指南! 子どもとの距離感を上手く取れているかもチェックしてみましょう。

  • 花粉症で肌荒れに!原因と対策をスキンケアのプロが教えます!

    花粉症の症状は鼻炎・目のかゆみとともに肌にも影響を与えることも!マスクによる擦れや花粉が直接肌に影響を与えるメカニズムと毎日のスキンケアで出来る対策方法・ひどくなった場合の応急処置についてスキンケアのプロが解説!肌トラブルを防ぎながらキレイな肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク 専業主婦でも借りられるカードローン主婦の債務整理