専業主婦でも借りられるカードローン - 限度額は増額できる?

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの最大限度額を増額するには

カードローンの増額とは

現状の限度枠(借入可能枠)を大きくし、借入可能額をアップさせるものです。
増額には審査があり、審査により増額金額が決定します。

 

新たに別のカードローン会社に申込むということもできますが、ローンカードの枚数が増える・返済日が増える煩わしさがありません。

 

最大利用限度額がアップすれば、返済金額が増えることもあるため、注意が必要です。

専業主婦のカードローンの増額はできる?

カードローン会社によるの増額の可否

可能です。 しかしカードローン会社によって、最初から増額不可のもの・一定金額までなら増額可能・審査次第で可能(増額金額設定なし)があります。

 

下記に銀行カードローンの増額を一覧にしました。

専業主婦のカードローン限度額増額 カードローン会社名
審査次第 新生銀行カードローン
レイク
東京スター銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
60万円まで可能 じぶん銀行カードローン
50万円まで可能 東京三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
セブン銀行カードローン
増額不可 みずほ銀行カードローン
イオン銀行カードローン

 

収入源が配偶者の給与のみの専業主婦は、限度額が高額になると借入金額が多くなり、返済が困難になる確立が高くなります。
そのため、審査次第のカードローンも大きな増額は期待できないと考えられます。

 

銀行カードローンの限度額相場は、似たり寄ったりです。

パート・アルバイトをしている主婦のカードローンの増額

パート・アルバイトの主婦は、限度額が一律で決まっているわけではありませんので、専業主婦に比べると増額の可能性は高いです。

 

ただし消費者金融で増額する場合は、総量規制に抵触しないように気をつけましょう。
すでに限度額が年収の1/3までに達している場合は、増額不可となります。

カードローンの増額方法

カードローンの増額には審査がある

限度額増額の条件を公表しているカードローン会社はありません。

 

一般的に言われている限度額を増額する条件は、初回の借入から半年以上経過している、一定期間遅れずに返済していることです。
借入・返済の取引履歴を積めば信用度が上がり、増額の審査に通過しやすくなります。

 

一度も借入していなかったり、延滞を繰り返しているような人は増額できません。

消費者金融と銀行カードローンの金利比較

消費者金融の業務は個人への貸付のみ、収入源が利息のみとなりますので金利は高めに設定されています。
銀行は企業への貸付や住宅ローンなど高額融資も行っており、金利も消費者金融よりは銀行カードローンのほうが低金利です。

カードローンの増額審査に通過する条件

カードローンの増額審査に通過する条件"

借入枠の増枠審査では以下が確認対象となります。

 

・金融事故を起こしていないこと
返済期日を守らず返済が3ヶ月以上遅れてしまうと、長期延滞として信用情報に記録が残ってしまいます。
信用情報に金融事故(異動情報)がある人は、増額審査に通過することはできません。

 

信用情報に記載されていなくても、自社情報で返済状況が管理されています。
返済遅れや滞納がある場合も、審査通過率は下がります。

 

・他社借入がないこと
今借りているカードローンの契約中に、他社で借りた場合、増額の審査に通過するのは難しくなります。
他社で借りた上に、更に契約中のカードローンを増額すれば、借入総合計金額が今よりも高くなってしまいます。

 

そうなると完成の可能性が下がることから、審査落ちの可能性が高まります。

 

・借入実績を積むこと
金融機関は顧客にお金を融資することが利益に繋がります。
一度借りただけで終わりの人よりも、真面目に返済して定期的に借入もしてくれる人の方が利益をもたらしてくれることになり、増額も有利になると言われています。

 

借り入れは初回借入のみより、借入・返済をくり返している人の方が審査に通過しやすくなります。

カードローンの増額手順

カードローン会社から増額の案内が届いた場合

カードローン会社では定期的に増額候補者をチェックし、候補にあがった人に対し優良顧客として増額の案内を行います。
カードローン会社の会員ページやメールなどで連絡されます。

 

この場合、利用者が増額を希望すれば、利用限度額が増額となります。
カードローン会社から案内がある場合、増額審査の通過率は高くなると考えられますが、あくまで案内は勧誘的な『お知らせ』に過ぎません。
お知らせが届いたからといって、必ず増額できる保証はありません。

利用者自身が増額に申込む

利用者が自ら増額を希望する場合は、電話やホームページ、来店などで増額審査に申込します。
申込完了後に増額審査が行われ、無事に通過すれば利用限度額の増額となります。

 

こちらも審査次第で、増額不可となる可能性があります。

気になるカードローン増額の審査

増額の審査は新規申込みよりも厳しい

カードローン増額の審査は厳しい"

増額にも審査があり、審査基準を満たせているかどうかで増額の可否が決まります。
新規申込時に審査していますが、増額はこれまでの利用実績も審査の対象となるため、より厳しく見られるといわれています。

 

在籍確認も行われますので、勤務先が変わったのに電話で在籍確認が取れないと審査に落ちる可能性があります。

 

また審査の結果次第では、増額ではなく減枠(減額)になることもあり、最悪の場合利用停止になってしまうことも。
転職などで初回申し込み時より年収が下がっている・他社借入があったり借入金額が増えているなどの場合は、最高限度額を増やすどころか現状の限度額を維持できない可能性もあります。

 

思い当たる節がある場合、増額審査に申込まないほうがよい場合もあります。

カードローンの増額に関する豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事