カードローンの金利の仕組み - 申込前に自分の金利を知る方法

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

金利の数字の高い方が最高金利

毎月の返済額は元本+利息

カードローンの金利の仕組み"

金融機関の金利は〇.〇%~〇.〇%と表現されます。
数字の小さい方が『最低金利(下限金利)』、数字の大きい方が『最高金利(上限金利)』です。

 

最高金利はどんなに金利が高い人でもその金利という事。
金利を比較する際は、最高金利で比較します。

同じ金額を借りても金利に違いがでる

カードローンの金利は、いくら借りてもその金利が適用されます。
カードローンで借入額が多いほど金利が低くなると思われがちですが、それは間違いです。

 

わかりやすいように極端ですが、限度額400万円の人と10万円の人の場合でイオン銀行カードローンの金利で比較します。

限度額 金利 5万円借りた時の金利
400万円 8.8% 8.8%
10万円 13.8% 13.8%

 

限度額が400万円の人が5万円借りても金利は8.8%、限度額が10万円の人が5万円借りても金利は13.8%。

 

同じ5万円を借りても、金利が全く違います。

カードローンの利息は簡単に計算できる

カードローンの利息(利子)をいくら支払わなければいけないのかは、金利がわかれば下記の計算方法で計算できます。

 

カードローンの利息=借入残高×金利(実質年率)÷365日×30日(借入日数)

 

借入残高が10万円、金利13.8%の人が1ヶ月で支払う利息は、
10万円×13.8%÷365日×30日=1,134円

 

利息計算で1,134円であることがわかります。

 

この利息の計算式で遅延損害金も計算できます。 遅延損害金とは、返済日が遅れた日数分支払わなければいけないペナルティーのこと。 延滞金の様なものです。

 

遅延損害金の金利は各金融機関によって決まっており、『借入残高×遅延損害金の金利÷365日×遅延日数』で日割り計算できます。

カードローンの金利と返済額

カードローンの返済額は『約定返済金額』といい、限度額に応じて月々の最低返済額が決まっています。

 

イオン銀行カードローンの約定返済額は以下の通りです。

前月末日の貸越残高 約定返済額
3万円以下 1,000円
3万円超~5万円以下 2,000円
5万円超~10万円以下 3,000円
10万円超~20万円以下 5,000円
20万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 15,000円
100万円超~150万円以下 25,000円
150万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 35,000円
300万円超~500万円以下 40,000円
500万円超~600万円以下 50,000円
600万円超~700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

引用:「イオン銀行カードローン」の商品概要説明書

 

カードローンの返済金額は『元金+利息』。
イオン銀行の場合、借入残高が10万円の場合の返済額は3,000円。
10万円を金利13.8%で借りた際の1ヶ月利息が1,134円。

 

返済金額3,000円の内、1,134円が利息となり、元金返済は1,866円だけとなります。

 

金利が高いと利息が高くなる、利息が高くなると元金が減りにくくなる仕組みとなっています。

無利息サービスがあるカードローンの金利

カードローンの無利息ありとなしの比較

カードローンには初めて契約する人限定で、無利息サービスが用意されているローン会社があります。

 

無利息期間は既定の期間は金利が0%になるというもの。
期間は30日としているローン会社が多く、30日間は金利が0%になり、31日目からは契約した金利が適用されます。

 

無利息期間内に完済すれば、利息を全く支払わなくてもいいという事になります。

 

ただし無利息期間終了後は契約金利に戻るため、返済期間が長くなる場合、金利によっては利息総額が多くなり損してしまう事も。 カードローン会社の公式ホームページにある返済シミュレーションを使い、本当に無利息カードローンで特になるのかを計算してみましょう。

カードローンの金利の決まり方

カードローンの金利は借りられる限度額によって決まる

カードローンの金利(実質年率)は、あらかじめ規定があり、利用限度額によって段階的に決められています。
金利は借りられる限度額が高額であるほど低くなり、少額であるほど高くなります。

 

イオン銀行カードローンの商品概要説明書に融資額別の金利の表があるので紹介します。

貸越極度額 お借入利率
  10万円  ~90万円 年11.8%~13.8%
 100万円 ~190万円 年8.8%~13.8%
 200万円 ~290万円 年5.8%~11.8%
 300万円 ~390万円 年4.8%~8.8%
 400万円 ~490万円 年3.8%~8.8%
 500万円 ~590万円 年3.8%~7.8%
 600万円 ~790万円 年3.8%~5.8%
800万円 年3.8%

 

貸越極度額は金利のこと。 イオン銀行の限度額は10万円単位、限度額が10万円~90万円の人の金利は年11.8%~13.8%と決まっているのです。
11.8%~13.8%の間でどの金利になるかまでの詳細までは公開されていません。

 

限度額が10万円の場合は13.8%、そこから限度額が高くなるにつれて金利が下がり、90万円では11.8%になると考えられます。

 

各ローン会社も同じように限度額によって段階的に金利が決まっており、金利が1段階変わるのは100万円単位です。

カードローンの金利は利息制限法によって上限が決まっている

カードローンの金利は『利息制限法』によって定められており、既定の上限を超えてはいけない決まりになっています。

融資額 金利の上限
10万円未満 20.0%
10~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

ローン会社はこの利息制限法を守り、上限金利までなら自由に設定してよいことになっています。

 

少額しか借りられない場合でも、金利が20%を超えることはありません。

カードローンの金利の仕組みの豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事