専業主婦が総量規制対象外カードローンでしか借りられない理由

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

そもそも総量規制って何?

個人の借入を制限する制度

総量規制は2006年の12月に定められた、過剰融資を防止する制度です。
利用者への配慮や貸金業者の準備期間を考慮し、2010年6月18日に完全施行となりました。

 

それまでも個人への融資には審査がありました。
しかし今ほどしっかりしたものではなかった為、貸金業者は積極的な貸付を行っており、返済能力を超えた融資が増えていく結果となりました。
多重債務者が増加し、厳しい取立てに自殺者が出るなど、徐々に問題視されることに。

 

過剰融資防止のために総量規制が設けられることになりました。

 

総量規制はあくまでも「個人向け貸付け」を対象としたものなので、法人向けの貸付けなどには適用されません。

どのローンが総量規制対象・対象外なのか?

カードローンの総量規制と総量規制対象外

 

総量規制は貸金業法を基に営業している貸金業者が対象。
消費者金融・信販会社・クレジットカード会社は総量規制の対象になります。

 

銀行は銀行法を基に営業しており、貸金業法は無関係です。
銀行運営の銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

 

総量規制には年収1/3までしか借りられない規制があります。
無職で無収入の専業主婦は年収0円、そのため総量規制対象の消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシング枠を利用したお金の借入はできません。

 

専業主婦が借りられるのは銀行カードローンのみとなります。

専業主婦が総量規制対象外カードローンでしか借りられない理由

総量規制説明

総量規制には数多くの取り決めがありますが、施行前と大きく変わったのは『年収の1/3を超える融資は禁止』という点です。
これまでは年収を基準とする制限はありませんでした。

 

年収300万円の人は100万円まで、年収30万円の人は10万円までしか借りられないことになりました。

 

仕事を持たない専業主婦は無収入のため、年収は0円。
収入があり、その収入の1/3までという規定に当てはまらないのです。

 

そのため、専業主婦は総量規制対象カードローンでは借りられず、総量規制対象外の銀行カードローンなら借りられるのです。

専業主婦でも借りられる総量規制対象外の銀行カードローン

メリットが多い!銀行カードローン

銀行カードローンのメリット

 

銀行カードローンは総量規制対象外。
唯一、無収入の専業主婦でも借りられるカードローンです。
消費者金融で借りるよりも、メリットが多く、主入のある人でも銀行カードローンで借りる人が増えています。

 

金利が安い

銀行カードローンは消費者金融よりも4%ほど金利が低いものも多くあります。
金利は利息によって決まり、金利が安いほど支払う利息も少なくて済み、月々の返済額が安くなります。

 

種別 カードローン会社名 金利(実質年率)
銀行カードローン みずほ銀行カードローン ・エグゼクティブプラン⇒3.0%~7.0%
・コンフォートプラン⇒3.5%~14.0%
銀行カードローン セブン銀行カードローン 15.0%
銀行カードローン 東京スター銀行カードローン 1.8%~14.6%
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6%
銀行カードローン イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
銀行カードローン じぶん銀行カードローン ・通常⇒2.2%~17.5%
・auユーザー限定au割
(誰でもコース)⇒2.1%~17.4%
銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0%
銀行カードローン 静岡銀行カードローン セレカ 4.0%~14.5%
消費者金融 アコム 3.0%~18.0%
消費者金融 アイフル 4.5%~18.0%
消費者金融 モビット 3.0%~18.0%
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%

 

大手消費者金融・中小消費者金融と多くの消費者金融がありますが、銀行カードローンほど低金利なローン会社はありません。
銀行カードローンの方が低金利です。

 

即日融資にも対応している

銀行の審査には時間がかかると思われがちですが、銀行カードローンも即日融資に対応しています。
口座の有無など消費者金融ほど申込条件に柔軟性はありませんが、銀行カードローンもサービス面に力を入れています。

 

こちらで詳しく紹介しています。⇒すぐにでも借りたい!主婦でも借りられる即日融資カードローン。

 

銀行から借りる安心感・信頼感がある

銀行のカードローンを利用したことはなくても、公共料金や学費の口座振替(引き落とし)や給与・年金の振込など、銀行取引がない人はいないでしょう。
詳しくは知らなくても、銀行は預金の取り扱いや住宅ローンの融資など、お金を取り扱っていることは広く知られています。

 

銀行なら安心してお金を借りられるという信頼感があります。

 

一方、消費者金融はお金を借りる以外では利用することはないことや、過去に厳しい取り立てや高利なことが問題になったことが知られているため、銀行ほど安心感がない人もいます

お金を借りることに不安を覚える専業主婦も少なくありません。 銀行運営のカードローンなら安心して借りられます。

専業主婦NGの銀行カードローンもある

専業主婦は消費者金融から借りられないため、銀行カードローンしか選択肢がありません。 しかも銀行ならどのカードローンでもOKというわけではなく、専業主婦に融資するかどうかは、各銀行が決めているため、中には専業主婦貸付不可のカードローンもあります。

 

オリックス銀行カードローンや三井住友銀行カードローンは、収入のある主婦のみ申込みを受け付けており、専業主婦はNG。

 

それでも多くの銀行で専業主婦OKとしており、利用者も増えています。

専業主婦でも借りられる総量規制対象外の銀行カードローンの豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事