専業主婦でも借りられる審査が甘いカードローンはあるの?

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの審査内容を知ることはできない

カードローンの審査基準・内容は教えてもらえません

カードローン審査は非公開

カードローン審査基準や審査内容は原則非公開とされており、問い合わせをしても教えてもらうことはできません。
審査は審査専門の部署で行われているため、問い合わせ窓口に連絡してもオペレーターが応えられません。

 

しかしカードローンの利用者からの声(体験談)から、審査に関する情報はあふれており、審査で通過できる傾向と対策もわかってきています。
審査通過が不安な方はこちらも参考にして下さい。⇒専業主婦のカードローン審査 - 確認事項と気をつけるポイント

審査が甘いカードローンはない

銀行カードローンでも消費者金融でも、各金融会社によって審査基準が定められています。
審査基準は各社多少の違いはありますが、特定のキャッシング会社だけ審査基準が低く設けられていることはありません。

 

概ねどのカードローン会社でも、似たような基準を設けていると考えられます。

レディースローンの審査甘いの?

利用対象が女性専用のレディースローンは、審査・金利・限度額などすべてにおいて普通のカードローンと同じです。
違いは、問い合わせ時に対応してくれる担当者が女性であるという点のみです。

 

お金の話は同姓の方が話しやすい・親身になってくれそうというイメージから、金融業者が窓口対応は女性担当者のみと決めたローンというだけです。
レディースローンだから審査が甘いなどはありません。

審査が甘いカードローンはない

銀行カードローンの審査は厳しい

 

銀行カードローンの審査は厳しい

銀行カードローンの審査は、消費者金融の審査より厳しいと言われています。
「銀行カードローンの審査には落ちたけれど、消費者金融ならOKだった」という人もいます。

 

銀行カードローンは銀行の金融商品の1つであり、数ある商品の内の1つです。
銀行は企業への貸付や高額貸付となる住宅ローンも取り扱っています。

 

かたや消費者金融は融資がメインであり、他の商品があったとしても利用は全体のごく一部。
消費者金融はカードローンで個人に融資しなければ利益も見込めません。

 

そのため銀行は審査を甘く(ゆるく)してまで、融資する必要性はなく、審査が厳しい代わりに低金利で融資しており、消費者金融は審査は銀行よりは少し甘め(ゆるめ)にする代わりに、金利は高めに設定しています。

 

さらに審査回数も違います。 消費者金融の審査は消費者金融が行う1回のみ、銀行カードローンは銀行と保証会社で審査が2回あります。

 

銀行カードローンの保証会社は、グループ会社である消費者金融や、大手消費者金融や信販会社が担っています。
契約者が返済できなくなった場合、保証会社が契約者の代わりに銀行に借入残高全額を支払い、借入の債権は銀行から保証会社に移行します。

 

その後の契約者とのやり取りは保証会社が行い、返済不能となった場合の法的手続きも保証会社が申し立てます。

 

銀行は保証会社を立てることで不良債権を抱えることがなく、保証会社は銀行から保証料をもらっています。
貸付全体で見ると返済不能となる確率はとても少ないため、保証会社は銀行の保証を引き受けても大きなデメリットにはなりません。

 

銀行カードローンの審査は銀行側がOKを出しても、保証会社側がNGなら結果はNG。
審査回数から考えても、消費者金融の方が審査が通りやすいといえるでしょう。

 

ただしいくら消費者金融の審査が甘いといえ、すごく甘いという訳ではありません。
『どちらが甘いかと言えば』という事です。

中小消費者金融は審査が甘い

中小消費者金融は地域密着型の消費者金融で、街の中にあるため『街金』と表現されることもあります。
サービス面で大手よりは劣る場合がありますが、規模が小さいだけの正規の貸金業者(消費者金融業者)です。
対面での融資も行われている業者も多くあります。

 

中小消費者金融大手消費者金融より審査が甘いといわれています。
大手より顧客を獲得したいという方針もあるようです。

 

収入のある主婦であれば、消費者金融での借り入れも可能なので、中小消費者金融に申込むのも1つの手です。

なぜ審査の甘いカードローンを探していますか?

無職の専業主婦だから

・専業主婦だから審査に通りにくいのでは?
・収入がない主婦は厳しく審査されるのでは?
上記の理由なら心配ありません。

 

カードローンの審査は男女や年齢、会社員・契約社員・アルバイトなど雇用体系や収入で違うことはなく、審査の基準は一律同じです。
総合的な判断で審査の可否が決定されます。

 

専業主婦は総量規制対象の消費者金融には申込めませんが、配偶者に安定収入があれば、総量規制対象外の銀行カードローン(銀行キャッシング)に申込めます!

 

旦那が派遣社員・パートやアルバイトなど、正社員でなくても問題ありません。
専業主婦だから厳しく審査されることもありません。

仕事をしている主婦だけど給与が少ないから

たしかに年収は返済能力と直結するため、年収が多ければ多い程、利用限度額が高額になる可能性はあります。

 

給与が少ない場合は、高額借入は難しくなりますが、返済能力に見合った借り入れ限度額が設定されます。

 

収入の額少なくても、問題がなければ審査に通過できます。

理由があって審査が不安だから

・すでに他社借入がある
・過去に滞納などで信用情報に傷がついているかも?
・すでにブラックだった
審査に通過できるかどうかわからない場合は、状況に応じての対処が必要となります。

 

確かに、他社借入がない・すでに借入していても返済遅延や対応がない人よりは、審査通過は厳しくなるでしょう。
その場合、審査の甘いカードローンを探すよりも、どうしたら審査に通過できるのか?を考えましょう。

甘い言葉に要注意!もしかして闇金かも

怪しいローン会社は避ける

ヤミ金

・連絡先が090から始まる電話番号
・「審査なし!」「審査激甘!」
・「誰にでも貸します!」
ヤミ金が良く使う謳い(うたい)文句です。

 

闇金融は法定利息を無視した法外な金利、第三者への取立や暴言など、貸金業法で禁止されている取立行為をすることがあります。

 

審査の甘いカードローンを探していても、闇金だけには手を付けてはいけません。

自分でできる!審査に不安な場合の対処法

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事