審査に通過するために!申込み時に気をつけるポイント

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

審査に落ちる理由

審査に落ちる主婦

申込み資格がない

専業主婦が申込めるのは銀行運営のカードローンだけ!
間違って消費者金融に申込んだり、専業主婦の貸出を認めていない銀行カードローンに申込んでも申込資格自体がないので審査通過は不可能です。
それを知らずに消費者金融に申込んでしまう専業主婦も多くいます。
仕事をしていて収入ありの主婦なら、消費者金融もOKです。

信用が低い・ない

ダメだとわかっていても借りたいと思う気持ちから、申込画面で他社借入件数を少なく申請したり、世帯年収を多めにしたり…
結果的に嘘の申請をすると金融機関の信用を落とすことになります。
まだ取引のない初めて申込んできた人が信用できる人物かどうか、ローン会社は申込申請情報と個人信用情報を照らし合わせて虚偽がないかも見ています。

返済能力が低い・ない

他社での借入金額が多かったり、過去に延滞を繰り返していたなど、返済能力がないと判断された場合も審査には通りません。
任意整理や自己破産暦は5~10年で個人信用情報から抹消されますが、抹消前はどの金融機関からも借りることは不可能です。
すでに他でも借りている場合、今回貸すと必然的に毎月の返済額がアップするので、きちんと返済できる可能性が低くなると判断されることもあります。

審査に通過するためのポイント

審査のポイントアイコン

申し込み申請は正直に

個人情報機関に登録してある情報から嘘は必ずバレます。
現在の状況を正直に入力することが重要です。
連絡先やメールアドレスの入力ミスも在席確認やお知らせなど連絡がつかなくなりますので、注意しましょう

希望金額はできるだけ小額に

申込時に借りたい金額を入力します。 20万円借りたい人より5万円借りたい人の方が、月々の返済金額も少ないので返済能力のハードルも下がります。
せっかくだから多めに…とせず、まずは必要最低限の金額にとどめてください。

他社借入件数と金額を減らせるだけ減らす

現在他での借入がある場合、完済できるものは完済、借入残高を減らせるものがあればできるだけ減らしましょう。
件数・残高共に少ない方が有利です。
本来は借入件数が少ない方が良いと判断されますが、完済が難しいのであれば、せめて残高を減らしておいた方がいいでしょう。

内緒で借りたい専業主婦も安心!カードローンの審査まとめ

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事