専業主婦のカードローン審査 - 確認事項と気をつけるポイント

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの審査は完全非公開

カードローンの審査は非公開

カードローンの審査内容は原則各社非公開としています。
大手銀行カードローン・地方銀行カードローン・大手消費者金融・中小消費者金融、金融会社すべて非公開です。

 

審査に通過できるか心配で申し込み前にお問い合わせ窓口に問い合わせても、『実際に審査してみないとわかりません』といわれます。

 

審査はカードローン会社の審査部が担当しており、連絡窓口のオペレーターは答えられる立場ありません。

 

審査内容が非公開である以上、審査基準も明確ではありません。
とは言え、ローン会社勤務経験者や申込者・利用者の口コミから、確認されている(見られている)ポイントや、高評価・低評価ポイントは比較的解明されてきています。

 

もちろん、審査基準は一定ではなく、各ローン会社で多少の違いはあり得ます。 それでも明らかに基準を高くしている・下げているということは考えられません。

 

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンと消費者金融の審査

銀行カードローンの審査は厳しく、消費者金融の審査は甘い(ゆるい)という意見があります。
これは正解です。
消費者金融の審査は銀行より甘いと言えます。

 

消費者金融のメイン業務は個人への融資(貸付)です。
銀行は企業融資や一千万単位の住宅ローン融資など他にも収入源があり、カードローンがメイン業務ではありません。

 

・消費者金融
融資しなければ利益を上げることはできないので新規顧客を増やしたい、だから審査基準を少し下げる、その分リスクが高まるので金利は高めに設定

 

・銀行

審査基準を下げてまで融資はしないが新規貸付の利用者は増やしたい、金利は低めに設定

 

銀行カードローンの審査が厳しいとはいえ、消費者金融よりは少し厳しいというイメージです。
消費者金融も銀行カードローンより多少は甘いというレベルです。

 

専業主婦は貸金業法の総量規制により、消費者金融には申込不可。
銀行カードローンは総量規制対象外なので、申込み可能です。

専業主婦のカードローン審査で確認されているポイント

申込者の信用情報

カードローンの審査で確認されるポイント

申込者の個人信用情報を照会(確認)します。

 

信用情報とは、お金に関する取引履歴を掲載されているものです。

 

・氏名や生年月日、郵便番号・電話番号・勤務先などの個人情報
・契約日・限度額やローンの種類などの契約内容や返済状況
・返済日・返済金額、返済遅延や滞納などの返済状況
・金融機関が信用情報を照会した状況
・民事再生や自己破産などの異動情報(事故情報)
上記などが記載されています。

 

信用情報を照会すれば、『いつ・どこから・いくら借りていて・きちんと返済しているか・あといくら残債があるのか』がわかります。

 

申込時に他社借入など嘘をついても、必ずバレるというのは、個人信用情報を確認しているからです。

 

カードローンの申込時に「申込者の個人信用情報を照会することに同意します」というチェック項目があります。
同意しなければカードローンの申し込みはできません。

属性

属性とは、申込者の背景を確認するものです。
カードローン会社では、申込者はどういう人なのか、どのくらい信用できる人物なのかが未契約の時点では確認の仕様がありません。

 

確認のために、職業や雇用形態、住居の種類、家族構成など複数の項目にそれぞれ『良い』『普通』『劣る』という感じでそれぞれに点数をつけていきます。
これを『スコアリング』といい、スコアリングの点数が高ければ高評価という判断がなされます。

 

申込時に『保険の種類』『現在のお住まい』『居住年数』などがあるのは、属性をスコアリングするためです。
属性の項目は各ローン会社によって多少異なります。

 

カードローンの審査で確認されるとされる属性の項目と評価について一覧にまとめました。

属性の項目 評価とその理由
年齢 ・20代後半から50代前半までの働き盛りが有利
・若すぎたり働き盛りを過ぎても評価が下がる
職業・勤務先 ・安定収入が見込める公務員が最高評価、次いで大手民間企業、中小企業はやや劣る
・自営業(個人事業主)は融資を事業に使用する可能性が考えられるため評価が低くなる
勤務年数 ・3年以上が高評価、1年以上3年未満は普通、1年未満は低評価
・勤続年数が長ければ長い方がいい
雇用形態 ・正社員がベスト
・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートは退職の可能性が高いと判断され低評価
・無職はNG(銀行カードローンは専業主婦・年金受給者OK)
保険の種類 ・共催組合・組合保険>社会保険>国民年金の順で評価される
※主に勤務先の確認に利用されている
年収 ・高額の方が高評価
・職業や勤続年数に照らし合わせ、上回っていれば評価が高くなる
・年収は限度額に影響する
住居形態 ・申込者名義の持ち家>他人名義の持ち家>賃貸>公団(公営住宅)の順で評価される
・集合住宅(マンション)よりも一戸建ての方が高評価
※住宅ローンを抱えているなどの見解より、住居をあまり評価しないこともある
居住年数 ・3年以上がベスト
・短期間で引っ越しを繰り返しているのはマイナス要素があると思われ評価が下がる
婚姻 ・結婚している方が信用が高いと言われている
・独身の方が使えるお金が多いという観点から逆に評価が高くなる場合もある
家族構成 ・親と同居や共働きの夫婦は収入がある・借金を肩代わりしてくれる同居者がいると判断され高評価
・一人暮らしは管理する人もいないため不利になる
・シングルマザーやシングルファザーは家族を養える収入があれば大きな評価ダウンとはならない
・子供の有無は判断が分かれる
⇒子供がいると安易な返済遅延などを起こさない抑制につながる
⇒生活費がかさむという考え方もできるので低評価とされることも
連絡先 ・自宅の固定電話は申告の住所に住んでいる証明にもなるので評価が高い
・携帯電話は契約・電話番号変更が容易なため固定電話より評価が下がる
・固定電話も携帯電話もない場合は緊急の連絡が取れないため契約不可

 

勤続年数なしの無職で無収入の専業主婦の属性は、どうしても良いとは言えません。
しかし銀行カードローンで専業主婦の申込を受け付けている以上、専業主婦の属性が良くないことは銀行側も承知していると考えられます。
心配する必要はありません。

 

属性は今すぐ変更できないもの。
全ての人が現状の評価を受け入れるしかありません。

カードローンの審査で重要視されていること

カードローンの審査で重要視されるポイント

 

最も重要なのは『返済能力』

ローン会社は完済できないことを最も嫌います。
そのために返済能力を最も重視しています。

 

すでに他社借入があると、新たな融資は返済を困難にする可能性が高まることにつながります。

信用できる人物かどうか

信用情報で申し込み時に、申告した入力内容に虚偽があるかどうかがわかります。
わざと間違った内容を申告していれば、当然信用は下がります。

 

カードローンは原則保証人・担保不要の信用貸し。
申込者を信用して融資しています。

 

信用の低下は審査落ちに繋がるといえるでしょう。
入力内容は正確に行いましょう。

 

とは言え、年収は250万円だったのに勘違いで270万円と申告してしまったなどは軽微な間違い・誤差の範囲とみなされ、審査に影響しないことがあります。

 

事実、年収を間違えて申込んでしまい、申込後に間違いに気が付き慌ててお問合せの電話番号に連絡し、間違えた旨を伝えた。
ローン会社のオペレーターは『その程度の間違いは問題ありません。大丈夫です。』と答え、審査通過したという例があります。

 

間違いはない方がいいことに違いはありません。
間違いがあった場合は、すぐにその旨を電話で伝えましょう。

 

審査への影響をなしにできたり、最小限にとどめられる可能性があります。

カードローンの審査に落ちる理由

カードローンの審査に落ちる理由

 

申込み資格がない

専業主婦が申込めるのは銀行運営のカードローンだけ!
消費者金融は総量規制対象の貸金業者。
収入のある人のみ貸出対象となるため、無収入の専業主婦は申込資格自体がありません。

 

銀行カードローンの中にも、専業主婦NGの所もあります。
銀行は総量規制対象外の為、基本的に専業主婦も借りられるカードローンです。

 

しかし貸出対象を決めるのは銀行。
専業主婦には融資をしないと言う銀行もあります。

 

りそな銀行のりそなプレミアムカードローンの商品概要説明書の『ご利用いただける方』に以下が書かれています。

日本国内にお住まいで、次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・ お申込受付時の年齢が満 20 歳以上、満 60 歳未満の方。
※パート・アルバイトも可
※専業主婦・学生の方はご利用できません
・ 保証会社の保証が受けられる方

引用:loan_card_premium.pdf

 

専業主婦は申込めないと明記されています。
申込資格がない人が申し込んでも審査を受ける資格がないため、審査落ちとなります。

返済能力が低い・ない

他社での借入金額が多かったり、過去に延滞を繰り返していたなど、返済能力がないと判断された場合も審査には通りません。

 

他社での借入があり、これ以上の融資は危険と判断された場合は、審査通過の難易度が上がります。

 

任意整理や自己破産暦(ブラック情報)は処分の決定から10年以内に個人信用情報から抹消されますが、抹消前はどの金融機関からも借りることは不可能です。

 

信用情報からは抹消されても、金融事故を起こしたローン会社には自社保管の情報として削除されることなく残り続けてしまいます。
過去に金融事故を起こしてしまったローン会社や保証会社と別では、審査通過は厳しいです。

信用が低い・ない

ダメだとわかっていても借りたいと思う気持ちから、申込画面で他社借入件数を少なく申請したり、年収を多めにしたり…

結果的に嘘の申請をすると金融機関の信用を落とすことになります。

 

嘘をつく人にお金は貸せない。
個人間だけではく、銀行や消費者金融でも同じことです。

カードローンの審査に通過するためのポイント

カードローンの審査に通過するポイント

 

申し込み申請は正直に

個人情報機関に登録してある情報から嘘は必ずバレます。
現在の状況を正直に入力することが重要です。

 

連絡先やメールアドレスの入力ミスも在席確認やお知らせなど連絡がつかなくなりますので、結果的に審査落ちとなってしまいます。
注意しましょう。

カードローンの借入希望金額はできるだけ小額に

カードローンは申込時に借りたい希望金額を入力します。

 

20万円借りたい人より5万円借りたい人の方が、月々の返済金額も少ないので返済のハードルも下がります。

 

専業主婦は旦那の給料で生活費と返済金額も捻出しなければいけません。
申込時の希望借入限度額は、必要最低限にとどめておきましょう。

 

利用歴が最低でも半年以上・審査があるという条件がありますが、融資限度額を増額する(融資枠を大きくする)ことも可能です。
まずは審査に通るために、少額にしましょう。

他社借入件数と借入金額を減らせるだけ減らす

現在、他で借り入れがある場合、完済できるものは完済、借入残高を減らせるものがあればできるだけ減らしましょう。
件数・残高共に少ない方が有利です。

 

本来は借入件数が少ない方が良いと判断されますが、完済が難しいのであれば、せめて残高を減らしておいた方がいいでしょう。

カードローンの審査に不安?自分の信用情報を確認してみよう

自分の信用情報は確認できる

信用情報は3つの独立した個人情報機関で管理・保管されています。

 

・全国銀行個人信用情報センター

一般社団法人の全国銀行協会(全銀協)が運営。 主に銀行や銀行系クレジットカードの情報を管理しています。

 

・株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

経済産業省と内閣総理大臣から信用情報機関として指定されています。 主に貸金業者(消費者金融や信販会社など)のクレジットカードを管理しています。

 

・株式会社 日本信用情報機構JICC

CICと同様に国に認められた信用情報機関です。
主に貸金業者(消費者金融や信販会社など)の金融取引を管理しています。

 

個人情報は本人が開示請求するか、本人の同意書があればPCや郵送での照会可能です。(有料です)
(カードローン申込画面に進む前に、必ず信用情報開示に同意するいう項目があります)

 

開示の際には3社に開示請求が必要となります。

 

信用情報機関の3機関は独立しているため、情報を共有していませんが、異動情報などのネガティブ情報だけはCRIN(クリン)と呼ばれるシステムで共有しています。
回収不能(完済不能)となる融資を避けるためです。

 

しかしCRINは金融業者しか確認できません。
自分の信用情報を確認するのであれば、3社全部に開示請求してください。

 

返済遅れは遅れた状態が3ヶ月続いた場合にのみ、遅延と掲載されます。
数日の返済遅れなどまで心配する必要はありません。 (ただしローン会社には遅延情報として残るため、遅れてもいいということではありません)

内緒で借りたい専業主婦も安心!カードローンの審査まとめ

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事