専業主婦でも借りられるおまとめ・借り換えローンはあるの?

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

おまとめローン・借り換えローンを知ろう

おまとめローンとは

おまとめローン

現在2社・3社と複数社の他社借入を新規の1社にまとめて、借金を一本化するためのローンを指します。 新規で借りたお金でそれまで借りていたローン会社に完済、以後は一本化した新規のローンに返済していきます。

 

今より金利の安いカードローンに申込む、さらに各社の借入残高の合計を1社で借りるため、その1社で借りる金額は大きくなりますが、その分金利が安くなることが期待できます。 (借入限度額が高くなるほど、金利が下がるため)

 

基本的にはおまとめローンを借りた会社がおまとめ前の他社ローンの返済用口座に、契約者名義で振込返済する形が一般的ですが、ローン会社で振込ができない理由がある場合は、自分で返済し精算書など完済したことを証明する提出が必要となります。

 

おまとめローンは総量規制の対象外。

総量規制の例外に当てはまるため、総量規制対象外となり、貸金業者(消費者金融)の年収の1/3までしか貸出不可という規制には当てはまりません。

借り換えローンとは

借り換えローン

基本はおまとめローンと同じ考え方で、1社の場合も複数社の場合もあります。

 

こちらも今より低金利なカードローンに借り換え、借入金額で元のローンを返済、その後は借り換え先のローンを返済していきます。

 

借り換えローン住宅ローンでよく使われる言葉ですが、カードローンでも借り換えが可能です。
借り換えローン専用のローンは少なく、自分で今より金利の低いカードローンを選んで申込むイメージです。

おまとめローン・借り換えローンがない金融機関もある

銀行カードローンはもともと金利が低い・融資額が大きいので、おまとめ専用ローンや借り換え専用ローンがない場合もあります。
その場合は、新規で契約、自分で先に借りていたローンに返済することになります。

おまとめローン 借り換えローン
東京スター銀行 あり あり(のりかえローン)
三菱東京UFJ銀行 なし なし
みずほ銀行 なし なし
スルガ銀行 なし あり
三井住友銀行 なし なし
楽天銀行 なし なし
新生銀行 なし なし
イオン銀行 あり なし
じぶん銀行 なし(※) なし(※)
静岡銀行 なし なし

※カードローンの申込時に「おまとめ希望」「借り換え希望」を伝える欄があります。

 

大手消費者金融はおまとめローン・借り換えローンがある場合が一般的です。

おまとめローン 借り換えローン
アイフル あり あり
プロミス あり なし
アコム なし あり
モビット なし なし

おまとめローン・借り換えローンのメリット

毎月の返済金額が下がる

今より低金利なカードローンに申し込みするため、月々の返済金額が下げられることが期待できます。
しかし必ずしも下がるとは限りません。

 

おまとめ・借り換え先に選ぶカードローン会社や、現在の金利や借入額などにより変わるので、返済シミュレーションを利用してどのくらい返済負担が軽減できるのかを事前に計算する必要があります。

毎月の返済が1回で済む

複数社から借りている場合、返済日が月に何回もあることになりますが、一本化することで返済日が毎月1回となり返済計画が立てやすくなり負担も軽減されます。
返済に手数料がかかっている場合、1回分で済んだり、借りるローンによっては無料になる場合もあります。

おまとめローン・借り換えローンのデメリット

おまとめローンのデメリット

 

返済総額が多くなることも

毎月の返済金額を少なくするために、返済期間を今よりも長くする必要がある場合があります。
返済期間が長くなるとそれだけ総支払利息が多くなり、結果的に総支払額が多くなってしまうことも。

 

「毎月3万円の返済がキツイ、総支払額は多くなっても構わないので2万円まで減らしたい」など、総支払額が増えるのを理解した上でならいいのですが、返済額だけを見て契約すると、知らない間に利息負担額が増えていたという場合もあります。

審査が厳しくなる

すでに他社で借入がある状態で新規借入を申し込むため、借入がない人よりも、当然審査通過できるハードルは上がります。

 

おまとめローン・借り換えローンがない銀行カードローンの場合、WEB申込時に利用目的が選択できる(記入欄)場合は、『借り換えローン利用の為』と書いておくことで、利用目的をローン会社の審査担当者に知らせることができます。

 

少しでも審査通過率を上げるため、利用目的が書けるのであれば書いておきましょう。

消費者金融のおまとめローンは要注意

銀行カードローンでの借入はおまとめできません。

 

総量規制の細かい規定は『貸金業法施行規則』で定められており、その中に『貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号』と『貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2』があります。
アイフルの公式ホームページに貸金業法施行規則第10条の23について説明している文章があります。

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号
同規則第10条の23第1項第1号に基づき借換えする場合は、以下の条件を満たす契約となります。
①借換えの対象となる債務は、銀行や貸金業者からの借入債務のほか、クレジットカードのショッピング債務等です。
(当社では、銀行の消費性ローン債務やショッピングリボ債務などを対象として審査いたします。)
②既存のお借入からの月額返済金額および総返済額を軽減します。

 

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2
同規則第10条の23第1項第1号の2に基づき借換えする場合は、以下の条件を満たす契約となります。
①借換えの対象となる債務は、貸金業者(みなし貸金業者含む)からの借入債務に限ります。
(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外。)
②既存のお借入からの月額返済金額および金利負担を軽減します。
③約定に基づく返済により、段階的に残高を減らしていきます。
引用:おまとめローンはアイフルの「おまとめMAX」 | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

 

第1号の②は『月額返済金額および総返済額を軽減』、第1号の2の②は『月額返済金額および金利負担を軽減』とあります。
前者の②では『総返済額を軽減』、後者では『金利負担を軽減』が違います。

 

消費者金融は金利は安くすることができるけれど、銀行より金利を安くすることができないため、総支払金額が今より高くなってしまう可能性がある。
そのために消費者金融(第1号の2の貸金業者からの借入)の場合のみ、条件を満たせる事になります。

 

そのため、消費者金融でおまとめできるのは、消費者金融とクレジットカードのキャッシングのみとなります。
銀行のカードローンはおまとめできません。

おまとめローン・借り換えローンの申込み資格

働いていない無収入の専業主婦は申込み資格がない

複数の借り入れを1本化し金利を下げることができるおまとめや借り換えは自分に収入がある人のみが申込めるローンです。
自分自身に収入のない専業主婦の申込はできません。

 

借り換えローン目的に今より金利の低いカードローンで新規に借りる場合なら、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申込み可能です。

 

専業主婦は絶対おまとめ・借り換えできないの?

専業主婦のおまとめローン利用

 

専業主婦が借りられる最大限度額が30万円または50万円とキャッシング会社側で制限されています。
おまとめローンでなくても、借入総合計が少なく専業主婦の限度額以内に納まるのであれば、低い金利のキャッシング会社から新規で借りて既存の借入を完済、これからは新規借入先に返済していくという道もあります。

 

ただし2社までなら借りられても、3社目となると審査には通らない可能性も。

その場合はカードローンの増額と言う手があります。
増額とは借入限度額をアップしてもらう事。
今の限度額よりもう少し借りられます。

 

増額できた分で金利が高いカードローンを返済してしまいましょう。
1社完済できれば、借り換えできたことになり、返済の管理も楽になります。

 

ただし増額には審査があります。
専業主婦の利用限度額は30万円~50万円に制限されているため、現状の限度額が10万円や20万円など、制限いっぱいでないなら、増額できるかは審査次第となります。
限度額がすでに制限いっぱいである場合、増額不可の銀行カードローンもあります。

 

下記に専業主婦の制限以上に増額できるかを表にまとめました。

カードローン名 増額の可否
みずほ銀行カードローン 不可
みずほ銀行カードローン 不可
楽天銀行スーパーローン 可・増額金額は審査次第
三井住友銀行カードローン 可・増額金額は審査次第
東京三菱UFJ銀行カードローン バンククイック 可・50万円まで
イオン銀行カードローン 不可
新生銀行カードローン レイク 可・増額金額は審査次第
じぶん銀行カードローン 可・60万円まで
セブン銀行カードローン ローン限度額が50万円までであるので、50万円までで可
静岡銀行カードローン セレカ 不可

 

まずは契約しているカードローンが増額可能かどうかを調べてください。

主婦のおまとめローンは審査次第

アルバイト・パートなど正社員ではなくても働いている主婦は、カードローン利用も有利になります。
専業主婦のように限度額の制限もありません。

 

しかし審査基準は公開されておらず、限度額は信用情報・属性などから返済能力を総合的に判断されるので、おまとめで借りたい希望額が必ずしも借りられるとは限りません。

 

事前審査(〇秒お試し診断)でまずは借入可能かをチェックしてみて下さい。

考え方を変えてみる!借入を1つにまとめる方法

旦那に借りてもらう

旦那にローン申込みをお願いする

思い切って旦那に相談しましょう。 安定収入がある配偶者の方が大きい金額の融資が受けられます。
配偶者名義の新規申込をし、借りられたお金で妻の借入を返済、夫名義の借入を返済していきます。

 

金利は借りられる限度額が大きい人ほど安くなる仕組み。
専業主婦は限度額が小さく金利は最高金利になりますが、配偶者ならもっと限度額が上がり、同じ金額を借りても金利が安くなる可能性が!
利息が抑えられるのであれば、旦那に借りてもらうことも視野に入れて考えましょう。

払えなくなるよりはマシ

返済が遅れたり支払えなくなると問い合わせや督促状が届きます。
遅延や滞納などの金融事故は個人情報にも記載され、一定期間残ります。

 

内緒で返済できなくなりそうであれば、旦那に協力をお願いすることも大切です。

おまとめローン・借り換えローン豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事