旦那に内緒!主婦のカードローン利用がバレない理由

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローン利用は内緒にできる!

バレずに安心

ローン会社も内緒にしたいことを理解している

カードローン会社は契約者(申込み本人)がお金を借りていることを知られたくないと思っていることを承知しています。
契約してることや借入金額を他人に話すことは絶対にありません。

 

在席確認は個人名を名乗る・郵送時の封筒にはカードローンの商品名を記載しないなど、バレないために配慮がされています。

バレないための対策ができる

家族で共有のパソコンではなく個人のスマホから申込む、在籍確認は携帯電話にかけてもらうなど自分でできる対策があります。

  借入後は郵送物に気をつけたり、送られてくる明細を断り会員ページで確認できるWEB明細に設定することも可能。
少し気をつけるだけで借入は内緒にできます。

自分1人で契約できる

配偶者の同意書や収入証明も不要!
申し込みも誰でも簡単にできるように、わかりやすい表示となっています。
操作方法がわからないという心配もないので、誰かの手を借りないと申込めないということもありません。

配偶者に同意を得て借りる方法

配偶者に相談して借りる

最初から配偶者に内緒ではなく、共同で借りる「配偶者貸付制度」があります。
消費者金融では、総量規制の対象なので借入は年収の1/3までに制限され、収入の本人に安定収入がある場合にのみ貸付が可能です。
そのため、専業主婦は世帯で安定収入があっても本人の収入は0なので消費者金融では申込資格もありません。

 

ただし、総量規制には不動産ローンや車のローンなどが可能な除外や緊急の医療費などの例外があります。
総量規制対象の金融機関であっても除外や例外の理由で借りる際にはその規制を受けません。
その例外の一つに「配偶者貸付」があります。

 

バレないためにも滞納に注意

 

配偶者貸付では、申込者本人だけではなく配偶者同意書が必要です。
専業主婦が申込者の場合、夫の同意書の提出が借りるための条件です。
必要書類では、夫の同意書以外に夫の収入証明書や婚姻関係を証明する書類(住民票など)が必要です。
配偶者貸付制度利用には、提出書類を準備するために夫に借入の相談が必須になるのです。

 

他にも、配偶者貸し付けでは、審査対象が利用者とその配偶者の2人になります。
同意していることが条件のため、審査結果の連絡もどちらかに秘密にすることもウソをつくこともできません。

銀行カードローンでは配偶者側の同意は不要

銀行カードローンは例外でも除外でもなく、総量規制の対象外です。
総量規制を守らなければいけない金融機関の対象ではないので、借入規制なく貸付を受けることができます。
総量規制対象外の銀行カードローンを利用する場合は、配偶者の同意なく申込者本人だけで申込みが可能。
同意書が不要なため、専業主婦が旦那に内緒で借入できます。

バレないために気をつけたいこと

バレないためにも滞納に注意

カードローン返済の遅れや滞納

返済が遅れるとカードローン会社から連絡が入ります。
携帯電話の番号を登録していても、なかなか連絡が取れない場合は自宅に連絡があったり、働いている主婦は職場に連絡が入ることも。

 

督促の連絡であったも最初からローン会社名を名乗ったりはしませんが、あまりに連絡が取れない場合は督促状が届きます。
ローン会社によっては督促状には商品名の記載があるなど、一目でカードローン会社からだとわかる場合もあります。

 

何度も連絡が入ったり、コソコソ話をすれば怪しまれますので、返済日は必ず守りましょう。

 

そのためには、事前に借入希望額に対しての返済金額を調べておきましょう。
借入残高によって約定返済金額が決められています。

月々返済できる金額が少ない場合は、借入額の見直しや最低返済金額が希望額のカードローンを探す必要があります。
返済負担をなるべく少なくしておいても、余裕があってもう少し多く返せる場合は追加返済もできます。

 

もし万が一返済期日に遅れてしまった場合、こちらから連絡しましょう。
遅れてしまったことに加えて、いつ返済できるか(返済予定)などの返済プランを伝えることで、消費者金融会社から連絡がくることを避けられます。

記入ミスを避ける

申込手続きでの記入ミスは審査に時間がかかることや審査落ちの可能性があるだけではなく、確認するために電話連絡がくることも。
申込だけでなく、審査が通った後の契約手続きでも記入ミスをすると、確認などに時間がかかり、最短の融資スピードを希望して申込んだことが無駄になってしまいます。

在籍確認や郵便物の理由を準備

専業主婦の場合は在籍確認の電話を自宅か携帯電話にかけてもらうことができますが、パートやアルバイトをしている主婦は勤務先に電話がかかってきます。
在籍確認時にカードローン名を名乗って電話をしてくることはなく、銀行名や個人名のため在籍確認だとわかりにくくなっています。
それでも勤務先に電話がかかってくること自体がない場合は事前に申告しておくとスムーズです。

 

大きな勤務先の場合は、代表番号ではパートやアルバイトの在籍をすぐに答えられないこともあるため、担当部署直通の電話番号があればそちらを申込書に記載し、あらかじめ電話があることを伝えておくと確実です。

 

その際にカードローンの在籍確認があるとは言わず、クレジットカードを作った、銀行に口座を開設したなどと理由をつけておけば安心です。
郵便物が自宅に届くカードローンの場合も、銀行カードローンの場合は口座開設したといえば不自然にはなりません。
封筒にも銀行名などの記載に留めてあり、開封されないかぎりバレることはありません。

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事