カードローンを利用するには?申込→審査・契約→借入までの流れ

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの流れ

カードローンの流れ

①カードローンの申し込み

カードローンの申し込み方法には種類があり、好きな方法が選べます。
・スマホやPCからのWEB申込(ネット申込)
・電話申込
・店頭窓口申込
・郵送申込
・自動契約機(無人契約機)申込

 

最も多い申込方法はWEB申込です。
WEB申込はスマホさえあれば場所も選ばず来店不要で24時間年中無休で申込め、申込フォームに沿って求められる項目を埋めていくだけでOKです。

 

電話はオペレーターと対話しながら申込めるというメリットがありますが、逆に対話が苦手な人には不向きです。

 

店頭窓口申込はネット銀行など店舗を持たないローンも増えており、店舗数が少ないことや出向く必要があります。
郵送は申込書を取り寄せたり、手続きに荷数がかかることからスムーズな借入は不可能。

 

自動契約機でも申し込みが可能ですが、銀行カードローンで自動契約機があるのは三井住友銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック・新生銀行カードローンレイクノ3社のみ。
大手消費者金融のプロミス・アコム・モビット・アイフルでは、全社自動契約機があります。

 

こちらも出向かなければいけないことや、設置数が少ないためわざわざ契約機を使って申込むメリットはありません。

 

利用者で最も多い申込方法はWEB申込です。

 

カードローンの申込後、仮審査に進みます。

 

カードローンの申し込みに必要な書類に関しては、こちらで詳しく説明しています。⇒ 専業主婦のカードローン申込み→必要書類はコレだけ!

②カードローンの仮審査

カードローン申込手続き後、仮審査が行われます。 カードローンの仮審査では、融資できるかどうかと融資限度額(利用限度額)が決定されます。
限度額は融資限度額によって段階的に決まっているので、融資限度額が決まれば自動的に金利も決まる仕組みです。

 

在籍確認も仮審査で行われます。

 

仮審査で審査通過し融資条件(限度額と金利)が決まると、ローン会社からメールや電話連絡があり融資条件が伝えられます。

 

融資条件でよければ、本審査へと進みます。

③カードローンの本審査

カードローンの仮審査に通過後、本審査となります。 本審査では、必要書類(本人確認書類・必要であれば収入証明書)の提出が求められます。

 

本院確認書類の提出方法はスマホや携帯電話のカメラで撮影し、その画像をアップロードするだけ。 アップロードの仕方はメールに書かれており、PCの操作に詳しくない人でも簡単にできるようになっています。

 

郵送やFAX、店舗や自動契約機でも提出することもできますが、アップロードのならコピーを取る必要もありません。

 

必要書類をアップロード後カードローン会社で内容を確認し、間違いなければ契約に進みます。 必要書類を提出する時点で問題がなければ契約が完了するため、本審査完了と契約手続は同時進行しているイメージです。

カードローンの仮審査・本審査は、こちらで詳しく説明しています。⇒ 全く違う!カードローンの本審査と仮審査の違い

④ローンカードの発行・借入

ローンカードの発行

契約後にカードローンの借入・返済に必要なローンカードが発行され、本人限定受取郵便で郵送されます。
ローンカードはローン専用に発行されるキャッシュカードのようなもの。
ローンカードがあれば、銀行ATMやコンビニ提携ATMが利用開始可能です。

 

ローンカードが自宅に届くのは契約完了後1週間程度かかります。
自動契約機は契約が完了していれば契約機でローンカードの波高が可能です。

 

借入

通常ではローンカードが手元に届いてから、ATMで融資を引き出します。

 

契約時に振込手続きを行い、契約者本人の銀行口座に振り込んでもらう借入方法もあります。
振込融資の場合は、ローンカードが手元に届く前に借りられます。

カードローンの流れの中で注意点

カードローン申込時の嘘はバレる

カードローンの申し込みでの注意点

申込時の必要事項は全て正確に本当のことを入力しましょう。

 

審査に通過できるか心配で、つい年収を多くする・借入件数や借入金額を少なくするなどはNG。
仮審査では信用情報機関から個人信用情報を照会し、入力項目と照らし合わせます。

 

カードローンは保証人・担保が不要の信用貸しのため、嘘は信用をなくす結果に。
カードローン会社は貸付のプロ、嘘を突き通せないと考えて下さい。

 

加えてメールアドレスや電話番号などは、申込内容は正確に登録することも重要。
メールアドレスは1文字間違っているだけでも、メールが届きません。

 

例え明らかに申込者の入力ミスであろうと思われる場合であっても、申し込み情報はローン会社が勝手に修正することはなく、連絡が付かない=審査落ちとなってしまいます。

カードローンの仮審査での注意点

カードローンの仮審査で決定した融資条件は変更で来ません。
そのため融資条件に限度額が希望額に満たないなど、納得できなくても了承するか、キャンセルするかになります。

 

仮審査ではまだ未契約状態の為、カードローン申し込みのキャンセルは可能。
しかし仮審査では信用情報に照会履歴が残ります。

 

カードローンで借り入れをすると、信用情報に照会履歴と融資履歴の2つが残ります。
カードローンの申込キャンセルは照会情報1つが記載されるのみ。
以後他社のローンに申込み審査を受けた際に、「カードローンに申し込みローン会社が信用情報を照会した、しかし融資履歴がないので融資に至らなかった」ということが、審査落ちしたと思われる可能性もあります。

 

キャンセルはできますが、できるだけ避けるようにしてください。

カードローンの本審査での注意点

カードローンの本人確認書類の再提出

必要書類を画像で提出する場合、ピンボケ画像や一部がかけている画像はNG。
再提出を求められ、契約手続きに時間がかかってしまいます。

 

文字が確認できる画像であるか、提出前に確認しましょう。

カードローンの借入・返済の注意点

銀行カードローンでは自行ATMや提携先ATM、コンビニ提携ATMの利用手数料は無料です。 しかし提携していないATMや消費者金融の借入・返済には手数料が掛かる場合があります。

 

返済時にATMを利用する場合、コンビニATMは硬貨が投入できません。 繊細額に少しプラスして、千円単位で返済する必要があります。 多めに返済した分は元金返済に充当される為、損することはありません。

カードローンの流れの豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事