全く違う!カードローンの本審査と仮審査の違い

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

本審査と仮審査の違い

仮審査

審査が2回?

消費者金融や銀行カードローンのような金融機関でキャッシングの申し込みをする場合、仮審査、本審査というものがあります。
流れとしては、仮審査が通らなければ本審査までは進めません。
本審査は契約の手続きをするための方法になりますので、仮審査をパスしている状況なら契約できる可能性は極めて高いものとなります。

ネットでできる仮審査は借り手と貸し手双方にメリットがある

申し込みをする人は、自分が契約可能なのか審査落ちとなるのか事前にインターネットで申し込みをすることで確認ができます。
銀行や消費者金融などの貸し手側は仮審査をすることで審査を短時間にスムーズに進めるということが可能になります。

仮審査の内容

仮審査の内容

仮審査の基本は信用情報

カードローンほど、書類を準備しなくても契約ができるものはありません。
その理由は、一番重要視される内容は信用情報だからです。
他社で利用している情報、借入金額などの借り入れ状況、ブラックかどうか、延滞などの情報はないか、この部分を信用情報機関を通じて情報を得ます。

思い出してみてください。
消費者金融や銀行カードローンのトップページに3秒審査という項目があると思いますが、必ず他社利用金額を申告する部分があるのはお気づきでしょうか?

属性も重要

信用情報の次に審査の上で必要になるのが、年収や年齢という申込者の個人情報です。
主に重要な情報は勤務先に関するもの、収入についての内容の参考値が高いです。
勤続年数や他にも審査に影響を及ぼすものはありますが、基本は上記の内容に重点をおいて確認をしていきます。

問題がなければ本審査へ

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事