全く違う!カードローンの本審査と仮審査の違い

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの即日融資には条件がある

主に融資条件の決定と在席確認

仮審査の内容

カードローンの仮審査の時点で決まることは以下の通りです。

 

・契約した際の利用限度額(融資額)
・金利(実質年率)
・在籍確認

 

仮審査といえど信用情報の確認や属性のスコアリングなどしっかり審査されており、融資条件がこの時点で決定されます。

 

在席確認の電話連絡も仮審査のタイミングで行われます。

 

仮審査で決定された条件を元に申込者に連絡し、決定された条件で了承するかも聞かれます。
了承すると、本人確認書類の提出を求められ本審査に進みます。

 

仮審査はコンピューターで簡易的に審査されていると思われがちですが、そんなことはありません。 カードローンの審査担当者が、審査しています。

カードローンの本審査の役割

主に必要書類の確認と契約

本審査では申込者情報と必要書類が確認されます。
運転免許証や健康保険証など本人確認書類や、収入証明書(必要であれば)の提出は本審査に進んでからです。

 

本人確認書類に問題がなければ、契約に進みます。

 

カードローン会社では本人確認完了の時点で同時に契約完了という場合も多く、本人確認と契約が同時進行していることもあります。

カードローンの仮審査と本審査の違い

仮審査は条件の決定・本審査は本人確認と契約

仮審査で個人の返済能力を確認し、本審査で申込者の確認をしています。

 

消費者金融の審査は自社で行われますが、銀行カードローンでは保証会社も審査に加わるため、仮審査の時点からすでに保証会社の審査が始まっていると考えられます。
仮審査で審査落ちとなれば、本審査まで進むことはありません。

お試し診断は仮審査ではない

カードローンの公式ホームページには、『〇秒お借入診断』というシステムを用意しているところもあります。
このお借入れ診断は、生年月日・婚姻・他社の借入件数や借入額などカードローン申込みに最低限必要な数項目だけで機械的に判断するものです。

 

コンピューターで借りられるか借りられないかの基準を満たしているかだけを判断しています。
返済遅れや滞納などの事故情報(異動情報)なども考慮していません。

 

仮審査とは別のもの、仮審査前のお試し診断です。

 

審査が厳しい場合は、『利用可能か判断できませんでした』と表示されます。
判断できないと表示された場合でも、カードローンキャッシングの申し込みは可能です。
しかし審査通過率は低いと考えられます。

カードローンの仮審査と本審査の違い 豆知識

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事