カードローンの返済期日に遅れそうな場合にすぐにやるべき対処法

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローンの返済に遅れるとどうなるの?

返済に遅れた場合

カードローンの返済期日に遅れた場合

カードローンを利用する人はたくさんいますが、お金が足りなくてカードローンの返済が苦しい月もあります。
このように、カードローン返済がどうしても遅れそうな場合、どのような対処法を執れば良いのでしょうか。
カードローン返済が遅れるとどのようなことが起こるのかを確認しましょう。

 

①遅延損害金
カードローン返済が遅れると、その遅延日数分の遅延損害金が加算されます。 遅延損害金の利率は、通常の利息金利の利率よりもかなり高額になります。

 

②督促
また、支払いを延滞すると債権者から自宅宛に電話やハガキなどで督促状が来ます。
これも放置していると内容証明郵便などで一括請求書が届くこともあり、最悪の場合、裁判をされて給料差し押さえなどの取り立てが行われる可能性もあります。

 

信用情報に影響
さらに、カードローン返済の遅れが長期間続くと、個人信用情報機関の個人信用情報に事故情報が記録されて、いわゆるブラックリスト状態になってしまいます。
ブラックリスト状態になると、金融機関などの融資審査に通らなくなって自分名義でローンやクレジットカードなどの利用が出来なくなります。
このように、カードローン返済が遅れるとデメリットが大きいので、放置せずに正しい対処法をとることが大切です。

遅れる場合の対処法

すぐに連絡

カードローン返済に遅れる場合には即連絡

カードローン返済が遅れる場合、必ず事前に借り入れ先に連絡を入れることが大切です。
それも、早ければ早いほど良いです。
早期に連絡を入れれば、相手方業者の印象も良く、返済の相談に乗ってくれることもありますし、話し合いにも応じてもらいやすいです。
よって、カードローン返済は、遅れるとわかった時点で即連絡を入れるようにしましょう。

返済遅れの連絡で伝えるべきこと

何日なら支払えるか、明確な返済期日と遅れても返済できる金額を必ず伝えます。 返済が遅れてしまうことは決して望ましいことではなく、連絡すれば許されるという軽いものではありません。
ただし、どうしても遅れてしまう場合は返済できる期日とその期日にいくら返済できるのかを伝えることが重要です。

返済遅れの対処法で重要なこと

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事