住宅ローンには響かない?専業主婦のカードローン利用の影響

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

カードローン利用でどんな影響があるの?

信用情報に掲載される

カードローンの取引情報が信用情報に掲載される
 

カードローンの契約内容や月々の返済額、これまでの返済状況、異動情報(事故情報、通称ブラックと呼ばれる情報)が掲載されます。 どの金融機関でいくら借りているのかや、滞納がないか、自己破産などの金融事故があればそのことも掲載されます。

 

この信用情報は下記3つの個人信用情報機関で登録・保管され、ローン申込時には金融機関が必ず照会(確認)します。

  • ・全国銀行個人信用情報センター(KSC):銀行と銀行傘下の消費者金融の利用情報
  • ・株式会社シー・アイ・シー(CIC):クレジットカード会社と信販会社の利用情報
  • ・株式会社日本信用情報機構(JICC):消費者金融や信販会社の利用情報
 

よく『信用情報に傷がつく』と言いますが、これは利用者の異動情報などネガティブ情報が記載されるという意味になります。

返済遅延や滞納、金融事故歴は残る

3社は基本的には独立して情報を管理していますが、事故情報はCRIN(クリン)と呼ばれるシステムで共有しています

 

融資履歴は個人情報に記載されるため、カードローンを利用するとお金を借りたことの利用記録が残ることになります。
CRINにより、消費者金融で金融事故があれば、銀行でもそのことがわかります。

 

問題なく毎月返済していれば問題ありませんが、事故歴は5年程度記録に残ります。

自社情報として残る

カードローン会社で起こした事故情報は信用情報では5年以内に抹消されますが、カードローン会社には自社情報として抹消されず、事故記録として残り続けることになります。

 

そのため、カードローンで返済不能となり自己破産した場合、個人信用情報から事故情報が抹消された後同じカードローンに申込んでも、審査に通らない可能性があります。
社内情報として残しているだけなので削除する理由がないため、残り続けることになります。

カードローンは住宅ローンの審査に影響する?

返済比率の計算に返済額が加算される

カードローンの借入残高と住宅ローン
 

住宅ローンの審査では、返済比率を重視します。
返済比率(返済負担率)とは、収入に対し借金がどのくらいあるかというもの。

 

返済比率は下記の計算式で算出できます。
(住宅ローンの年間返済額+住宅ローン以外の借入の年間返済額)÷年収×100=返済比率(〇%)

 

金融機関では年収により住宅ローン借入額のボーダーラインとされる比率が定められており、下記であれば無理なく返済できると判断されます。

 
年収 返済の目安
300万円まで 25%まで
400万円まで 30%まで
400万円以上 35%まで
 

返済比率は手取りではなく年収で計算され、その中にカードローンの返済額が加算されるため、影響があると言えます。

借入残高がない場合でも要注意

現在は借りていないけどカードローンを解約せずにいる場合、住宅ローンの審査では『いつでも限度額まで借りられる融資枠が確保されている』と判断され、審査時に限度額まで借りている前提で審査が進むことも。

 

利用予定予定がないカードローンは、住宅ローン申込前に解約しておくことをおすすめします。 これは住宅ローン以外のローンでも同じことが言えます。

無収入の専業主婦のカードローン利用の影響

住宅ローンには影響しない

住宅ローンは住宅ローンを契約する名義人を審査します。
一般的に夫が契約者となるため、夫のみが審査の対象となります。

 

昔は完済させる保険として、専業主婦が連帯保証人になるよう求められることもありました。
妻が連帯保証人となる場合、妻も審査対象となりますが、それ以外は審査対象にはなりません。
収入ゼロの専業主婦が保証人となっても支払い能力がないため、現在は専業主婦を連帯保証人に立てることはまずありません。

 

個人の信用情報が確認できるのは、本人と本人の同意を得た者のみ。
情報照会時には必ず金融機関から同意を求められます。

 

不動産会社側で事前審査として提出を求められる場合もあります。
同意た提出を求められなければ、審査対象でないということです。

 

元々専業主婦は銀行側から利用限度額が30万円や50万円程度に抑えられているため、もし審査されても住宅ローンの借入額から比べたら大きな影響がある額ではありません。

収入のある主婦のカードローン利用の影響

契約者であれば審査に影響あり

主婦が契約者となりローンを組む場合は、カードローンの借入も審査に影響します。
これは住宅ローン審査と原理は同じ。

 

新たにキャッシングする・ローンを組む場合、現在借りている金額も当然考慮されることになります。

 

旦那の代わりに車のローンや教育ローンに申込む場合、カードローンの影響はありますが、審査は結果次第。
借入残高・借入件数や現在の収入などが考慮されるため、『カードローンで借りている=審査に通らない』ではありません。

こんな場合は?カードローンの影響Q&A

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事