住宅ローンには響かない?専業主婦のカードローン利用の影響

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります
かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!主婦でも、"内緒"で、安心して借りられるカードローンがわかります

専業主婦の借入は家族に影響なし

第3者の個人情報には載らない

あなたの借り入れが自分以外の個人信用情報に載ることはありません。
信用情報は本人の情報だけ、夫婦・家族であっても本人以外の情報は載りません。

将来組むかもしれない住宅ローンへの影響

各種ローンは貸す人(契約者)が完済できるかを審査します。
夫が住宅ローンに申込むのであれば、妻の借入は審査対象ではありません。
審査対象は夫だけです。
基本的に妻個人のキャッシング利用が自分以外の第三者(この場合は夫)に影響することはありません。

こんな時は要注意!借入の影響

自分名義での新たな借入

カードローンで借りている人が別のローンを組む場合は要注意です。
他社の借入は審査対象となります。

 

収入なしの専業主婦が自分の名義で高額なローンを組むことはありませんが、収入ありの主婦ならあり得ます。
妻の名義で車のローンを組んだり、3000万円の住宅ローンのうち、2500万円を配偶者名義で、500万円は妻名義で借りるなどの場合は、妻も500万円のローンの審査の対象となります。
今借りているキャッシングは他社借入残高とみなされ、審査に影響します。

主婦が保証人になる場合

妻がローンの保証人になる場合は、妻も審査対象になります。
ローンの名義人が審査に通過しても、保証人が審査に通過できなければ別の保証人を立てるように言われます。
カードローンの返済遅れや滞納があると、保証人の審査にも影響が出ます。

こんな場合は?カードローンの影響Q&A

主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る
主婦でも借りられる厳選カードローン 厳選2社を見る

関連記事

コラム記事